ページの本文へ

Hitachi

企業情報環境への取り組み

「PCBの連携オンライン測定技術の実用化」が第33回環境賞で「優秀賞」受賞

6月7日、第33回「環境賞」の表彰式が東京プリンスホテルで開催され、(株)日立製作所、(株)日立ハイテクコントロールシステムズ、独立行政法人国立環境研究所が「PCBの連続オンライン測定技術の実用化」で、「優秀賞」を受賞しました。

環境賞は、日立環境財団(金井務理事長)と日刊工業新聞社が主催、環境省が後援する賞で、環境への負荷の少ない持続的発展が可能な研究・開発・調査で画期的な成果を上げるか、その成果が期待される個人や企業・団体に贈呈されるものです。

受賞内容は、PCB(ポリ塩化ビフェニル)の処理プラントから出る排ガスをダイレクトサンプリング型の大気圧化学イオン化−イオントラップ型質量分析計技術*1を活用して、連続監視する無人モニターを開発・実用化したものです。
(株)日立ハイテクコントロールシステムズから製品化され、国内4か所の処理場に7台納入され、稼動しています。従来技術に比べ、迅速かつ現場で測定でき、PCB以外の有害物質の監視にも使えるなど、独創性かつ汎用性の高い技術として評価されました。

小池環境大臣は、「環境技術がビジネスチャンスとなっています。今後も「環境立国」の名の下、素晴らしい成果を期待しています。」と祝辞で述べられました。

*1
大気圧化学イオン化―イオントラップ型質量分析計技術:対象物質を大気圧下でイオン化し、質量分析を行うもので、吸引したガスを効果的にイオン化して分析することができるため、高感度かつ高速で、連続検知が可能になる。これにより、化学工場、危険物取扱い設備等における作業安全性の確保、周辺環境への汚染状況のモニタリングと迅速な対処が可能となった。

[画像] 受賞の様子

[画像] 受賞の様子