ページの本文へ

Hitachi

企業情報環境への取り組み

エコプロダクツ国際展2004-マレーシア

「エコプロダクツ国際展2004-マレーシア」に出展

9月2日から4日までの3日間、マレーシアクアラルンプール市のミッドバレー・エキジビジョンセンターにおいて、日本以外のアジアでは初めてとなるエコプロダクツ展「エコプロダクツ国際展2004マレーシア」〔国際機関APO(アジア生産性機構)、マレーシア製造連合会(FMM)主催〕が開催されました。
「エコプロダクツ国際展2004マレーシア」では、アジアにおける循環型社会の形成に向けた「エコプロダクツ」の普及と「エコビジネス」の振興をめざすものであり、アジア諸国の他、日本、欧州からの企業・団体約80社が参加し、会期中にはサプライチェーンのグリーン化に関する国際会議や、エコビジネスに関するマッチメーキングの機会提供も行われました。
日立グループでは、「NEXT ECO TOGETHER WITH HITACHI」をテーマに、 マレーシアにある日立グループの生産拠点の紹介、新型エアコン、エコ電線などの環境配慮製品、鉛フリー対応プリント基材、アモルファス材料 を展示し、マレーシアでの日立ブランド向上、日立の環境活動・技術力のPRを実施しました。
初日には、通商産業省のラフィダ・アジズ大臣が来場され、3日間で1万1,500名、日立グループブースにも約2000名の来場者数となりました。

エコプロダクツ国際展2004-マレーシアの写真