ページの本文へ

Hitachi

企業情報環境への取り組み

2002年6月19日

日立グループ「GREEN 社会貢献賞」2001年度活動の表彰結果について

―日立計測器サービス(株)の「小中学校への環境教育支援」が大賞―

画像 集合写真

日立製作所は、日立グループ各事業所による地域での環境保全活動を通した社会とのコミュニケーション活動を推進・支援するために、「GREEN 社会貢献賞」制度を2000年5月に設立しています。
  地域における環境への取り組みは、地域とのコミュニケーション活動活性化の一環として、ますます重要となってきています。本制度は、リーダー性、継続性、従業員の参加度合、地域社会貢献度の観点から審査を行い、表彰するものです。
  第3回の「GREEN 社会貢献賞」では審査の結果、以下の2件の活動が受賞しました。

受賞内容詳細
大賞 「小中学校への環境教育支援」
日立計測器サービス(株)
  • 新宿区立花園小学校4年生の正式単元「総合学習」への支援
    生ごみ処理機(寄贈)を通して環境リサイクル学習→生成
    肥料で緑の大切さ学習→草花、虫の顕微鏡観察「ミクロの世界」学習→WEB観察映像をダウンロードしてIT学習
  • 新宿区四谷中学校「選択理科学習」で同様支援
  • 日立市小木津山の国有林1.8haに5000本の木を従業員、家族、地域の学校生徒他も参加し植林の実施。
    今後60年守り育てていく。
優良賞 「アサザの里親運動」
日立電線(株) 土浦工場
  • 全従業員が工場内でアサザの種からアサザを育成
  • アサザを霞ヶ浦へ植え付け、生態系回復を支援
    (NPO法人「アサザ基金」の「アサザプロジェクト」に参加)
画像

2001年度大賞
「小中学校の環境教育支援」

画像

2001年度優良賞
「アサザの里親運動」