ページの本文へ

Hitachi

企業情報環境への取り組み

2001年5月23日

日立グル−プの2事業所でゼロエミッションを達成

イントラネット上に「産廃業者情報システム」を構築

日立グループは、2000年度において、グループ内の2事業所でゼロエミッションを達成しました。

日立グル−プでは、事業所から排出される廃棄物・有効利用物等の最終処分率*1を1%以下にし、かつ最終処分量*2 5t/年未満にすることをゼロエミッションと定義し、2005年度までに20事業所以上で達成すべく、廃棄物削減に取り組んでいます。具体的には、固形燃料化施設を始めとする自己完結型再資源化施設の導入、セメント・鉄鋼業界といった異なる業界との連携及びリサイクル業者への委託によって取り組んでいます。

この度、2000年度においては、日立グループとしては初めて、日立マクセル株式会社の筑波事業所と日立東京エレクトロニクス株式会社の本社工場において、2000年度の実績でゼロエミッションを達成しました。また、ゼロエミッションに向けた第1ステップとなる最終処分率1%以下の達成については、10事業所が該当しました。

また、2001年4月からは、日立グループのイントラネット上に、「産廃業者情報システム」を構築することにより、日立グループが契約する廃棄物処理・リサイクル業者に関する情報をデ−タベ−スとしてグループ内で共有化し、地域別、種類別及び処理別に業者を検索できるようにしました。さらに、本システムを利用し、リサイクル関連技術や適正処理に関する情報も共有化して廃棄物の削減に活用するとともに、委託業者の許可期限や契約期限について、事業所ごとの適正処理を効率的に管理していきます。

日立グループは、今後も、ゼロエミッションの実現に向けた取り組みを強化していくとともに、排出抑制やリサイクルの質的向上にも取り組んでいきます。また、情報技術(IT)を駆使することにより、環境活動の効率化と加速化をめざします。

*1
最終処分率=最終処分量*2 /発生量
*2
最終処分量=直接最終処分量+中間処理後処分量

本件の照会先

株式会社日立製作所 環境本部 [担当:佐藤]
〒101-8010 東京都千代田区神田駿河台四丁目6番地
TEL : 03-5295-1388(直通)

報道機関問合わせ先

株式会社日立製作所 コーポレート・コミュニケーション本部
〒101-8010 東京都千代田区神田駿河台四丁目6番地
TEL : 03-3258-2056(直通)

ゼロエミッションを達成した事業所の廃棄物等発生量他の2000年度デ−タ

<廃棄物・有効利用物等の最終処分率1%以下かつ最終処分量5t/年未満達成事業所>
会社 事業所名 廃棄物等
排出量
(t)
最終
処分量
(t)
最終
処分率
(%)
再資源
化率
(%)
主な施策
日立マクセル(株) 筑波事業所 907 3 0.3 86
  • 生ごみのコンポスト化
  • 廃プラスチックの再ペレット化、RDF化
  • 汚泥、ガラス屑等のセメント原料、路盤材化
日立東京エレクトロニクス(株) 本社工場 297 1 0.3 99
  • 廃プラ高炉原料化
  • 廃プラ(モールドレジンくず)」セメント原料化
  • 廃酸・廃アルカリの中和・脱水後のセメント原料化
  • 金属くずの破砕・選別後金属原料化
  • 一般廃棄物(一般ごみ)焼成後セメント原料化
<廃棄物・有効利用物等の最終処分率1%以下達成事業所>
会社 事業所名 廃棄物等
排出量
(t)
最終
処分量
(t)
最終
処分率
(%)
再資源
化率
(%)
主な施策
(株)日立製作所 産業機械システム事業部 2247 17 0.7 93
  • 汚泥のセメント原料化
  • ショットブラスト粉の金属還元材としての活用化
  • 廃油・廃塗料類の補助燃料化
ビルシステムグループ 8260 48 0.6 99
  • ガラス、溶接スラグ等のガス化溶融後リサイクル化
  • 通い箱化による購入品梱包材の削減
  • 紙を分別し製紙原料化
産業機器グループ
習志野地区
6987 43 0.6 94
  • モートル製品の絶縁材ワニスの固形燃料化
  • 廃プラスチック雑もの(種類雑多)の固形燃料化
情報機器事業部 1046 7 0.7 96
  • 生ごみ処理機導入によるコンポスト化
  • 混合廃プラスチック分別徹底による属原料化及び高炉原料化
デジタルメディア製品
事業部
2049 5 0.3 95
  • 食堂汚泥のリサイクル化(脱水後堆肥原料化)
  • 廃プラスチックのリサイクル化
    (埋立廃止、高炉原料化)
ディスプレイグループ
茂原事業所
15851 150 1 96
  • レジスト剥離廃液の蒸留再生の実施
  • ガラス屑・廃プラのガス化溶融システム によるリサイクル化
半導体グループ
那珂地区
2651 10 0.4 91
  • 汚泥のリサイクル化(セメント原料化)
  • 廃油のリサイクル化(補助燃料化)
  • 紙屑のリサイクル化(RDF化)
(株)日立空調システム 清水生産本部 6213 34 0.6 93
  • 鋳物廃砂のセメント原料化
  • 廃プラスチックのリサイクル化
    (高炉還元材、セメント焼成燃料)
  • 廃水処理汚泥のセメント原料化
トキコ(株) 山梨工場 6901 35 0.5 95
  • 研磨汚泥のリサイクル化
日立ビアメカニクス(株)   1250 6 0.5 95
  • 廃プラスチックのRDF化によるセメント工場燃料化
  • 廃油精製による重油への再資源化
  • 研削粉の鉄資源への回収
  • 蛍光灯、乾電池からの水銀回収によるリサイクル
  • ハンダ屑のハンダ材料への再資源化