ページの本文へ

Hitachi

企業情報環境への取り組み

平成12年12月11日

グリ−ン調達を日立グル−プで加速化

インタ−ネットの活用により、取引先や調達品の環境関連情報をグループで共有化

日立製作所(取締役社長:庄山 悦彦)は、日立グル−プ全体でグリーン調達(環境負荷の少ない原材料、部品、製品等の調達)への取り組みを強化させることを目的に、平成13年4月より、インタ−ネットを活用し、環境にかかわる情報収集の一層の充実を図ることを決定しました。

当社は、従来から、資材調達から製品の廃棄まで、製品の生涯における環境への負荷を低減させる製品開発に努めてきました。また、平成10年7月には、取引先を対象に「グリ−ン調達ガイドライン」を発行し、グリ−ン調達を推進してきました。今回の取り組みは、これをさらに一歩進め、取引先の環境保全活動に関する情報や調達品に含まれる化学物質情報などの環境関連情報について、インターネットを活用して収集するものです。例えば、化学物質については、現在日立グループ内で管理対象としている1,380種類について、その含有の有無を、取引先のご協力によりホームページへデータ入力していただき情報収集します。データ入力画面については、取引先が簡易に作業でき、かつ、情報のデータベース化に適したフォーマットを今後開発します。
  また、集めた情報はデータベース化してグループ内で共有し、設計支援システムや資材調達システムと連携させるなど、環境に配慮した製品の開発に有効活用します。

当社は、今後も、環境に配慮した製品・サ−ビスを開発、提供する企業(グリ−ンカンパニ−)として、環境負荷の少ない原材料、部品、製品等を取引先(グリ−ンサプライヤ)から調達し、環境負荷の少ない製品やサ−ビスの提供に努めます。

今回の取り組みの概要

1.取引先からの情報収集手段

  • インタ−ネット(ホームページ)へのデータ登録による集計

2.取引先から収集する情報内容

  1. 取引先の環境保全活動についての情報
    • ISO14001認証およびこれに準ずるレベル
    • グリ−ン調達の実施および計画
  2. 調達品についての情報
    • 調達品の環境負荷低減項目
      省資源、省エネ性、リサイクル性等
    • 日立グル−プが管理対象としている化学物質(1380種類)の有無

3.日立グル−プ内での情報活用

  • 取引先からの環境情報を設計支援システム・資材調達システムに連携
    環境に配慮した製品設計からグリ−ン調達までサポートするシステム
    を構築

4.推進スケジュール

  • 平成13年4月〜

本件の照会先

株式会社日立製作所 環境本部 [担当:佐藤]
〒101-8010 東京都千代田区神田駿河台四丁目6番地
TEL : 03-5295-1388(直通)

本件の照会先

株式会社日立製作所 コーポレート・コミュニケーション本部 広報部 [担当:高瀬]
〒101-8010 東京都千代田区神田駿河台四丁目6番地
TEL : 03-3258-2056(直通)

以上