ページの本文へ

Hitachi

企業情報環境への取り組み

平成11年5月6日

家電リサイクル会社「株式会社 関東エコリサイクル」を設立

家電リサイクル法へ対応し、循環型経済社会の実現をめざす

日立製作所 家電グループ(グループ長&CEO:宇根山 祥久)は、循環型経済社会の実現に向けて、家電品4品目(テレビ、冷蔵庫、洗濯機、ルームエアコン)の解体・分別処理を行う新会社「株式会社 関東エコリサイクル」を5月6日に設立しました。
  地球環境問題への関心は、世界レベルまで高まりを見せています。日本においても「特定家庭用機器再商品化法」(通称:家電リサイクル法)が平成13年4月から施行されることになり、使用済み家電品の再商品化への対応が求められています。

新会社のプラントは、エアコンと冷蔵庫の製造拠点である栃木事業所内に建設し、使用済み家電品4品目の分解・破砕・選別・素材回収まで一貫して処理し、冷蔵庫の断熱材フロンの回収も行います。リサイクル処理能力は、4品目合計で年間30万台を目標としています。また、使用済み家電品の回収地域は、栃木、群馬、埼玉、茨城など関東近県を対象としています。

平成13年の新法本格施行まではプラントの迅速な立ち上げと、物流システムの構築および指定引取場所の適正配置などを検討してまいります。

新会社の概要

新会社の概要
会社名 株式会社 関東エコリサイクル
(Kantou Eco Recycle Co. Ltd)
所在地 栃木県下都賀郡大平町大字富田800
日立製作所冷熱事業部 栃木事業所内
資本金 3億円(日立製作所100%出資)
設立 平成11年5月6日
社長 富永 晃
事業内容 使用済み家電品4品目の再生処理
処理能力 30万台/年(2シフト/日)
計画面積 土地 約7,600m2・建物 約5,600m2