ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

分散トランザクションマネージャ uCosminexus OpenTP1:
特徴:多様なアプリケーション間通信

RPC(Remote Procedure Call)やメッセージキューイングなど、同期通信/非同期通信を基本としたアプリケーション間通信を実現でき、業務形態に柔軟に対応できます。

1.uCosminexus OpenTP1のRPC機能を用いた通信

TCP/IPで接続したLANを介し、uCosminexus OpenTP1のAP(Application Program)からRPC(Remote Procedure Call)を発行して通信を行います。

2.ネットワーク機能

通信プロトコルで定められた手順により、メッセージをやり取りすることができます。uCosminexus OpenTP1では、TCP/IP、OSI-TP、X.25など豊富なネットワークメニューを用意しており、日立メインフレームはもちろん、他社メインフレーム・他社システムとの高い接続性を備えています。

3.メッセージキューイング機能を用いた通信

メッセージキューイング機能を管理するキューマネージャに対し、APからメッセージを登録したり、キューマネージャからメッセージを取り出して通信を行います。