ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。EUR V10 サイトのトップページはこちら。

帳票ツール EUR V10:活文 Contents Lifecycle Managerとの連携

背景・課題

EUR活文 Contents Lifecycle Manager(文書管理)との連携で、
お客様の課題を解決します!

課題・解決

帳票メンテナンスが容易

  • 業務変更等で帳票レイアウトを煩雑に変更する必要がある。

簡単にPDF出力

  • 各種帳票を効率良くPDFファイルに出力したい。

EURで解決!

  • EURの帳票は処理ロジックを含まないからメンテナンスが容易です。
  • 修正する帳票画面が完成イメージで表示されるから、修正箇所が容易に判別できます。
  • PDF帳票の自動仕分けが可能です。

電子文書の一元管理、内部統制の強化

  • 増え続けるさまざまな形式(Word/Excel/PDF等)の文書を一元管理して、情報漏えいや紛失などのリスクを減らしたい。

スピーディな導入

  • 導入してすぐに使いたい。

活文 Contents Lifecycle Managerで解決!

  • 文書量・ユーザー数・アクセス数の増大にサーバ増設で柔軟に対応します。
  • ユーザーの操作を監査証跡として記録、運用の正しさを確認できます。
  • アクセス権限の設定とユーザー認証で不正アクセスを防止します。
  • 豊富で使いやすいU/Iを標準提供。導入してすぐに使える手離れのよいパッケージ製品です。

連携イメージ

EUR と 活文 Contents Lifecycle Manager との連携イメージ

新規ウィンドウアイコン:新規ウィンドウを表示

JavaScriptをオンにするとナビゲーションが表示されます。
EUR V10 の製品サイトマップはこちら。