Hitachi

ICカードリーダライタをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
USBインターフェイスのICカードリーダライタHX-520UJ.K/HX-520UJ.Jをご利用のお客様向けにドライバを更新いたしました。
ご使用のOSがMicrosoft Windows7(32bit版/64bit版)/Vista(32bit版/64bit版)でWindowsWHQL認定を取得しました。

  • * 製品同梱のドライバCD-ROM(2008.04.28/2007.11.01)に収録されているドライバはWindows 7/Vista 64bit版でご利用いただけません。

HX-520UJ.K/HX-520UJ.Jをご利用のお客様で、ご使用のOSがWindows7(32bit版/64bit版)/Vista(32bit版/64bit版)でインターネット環境が整ったパソコンの場合、Windows Updateから自動的にドライバをインストールすることも可能です。ドライバがインストールされていない状態でICカードリーダライタ(HX-520UJ.K/HX-520UJ.J)をパソコンのUSBポートに接続し、画面の指示に沿って操作するとWindows Updateより自動的にドライバがインストールされます。 この場合は、当サイトからドライバのダウンロードやインストールの必要はございません

インターネット(オンライン)接続時

Windows Updateから自動的にドライバをインストールすることも可能です。

  • インターネット(オンライン)接続が可能なことを確認して作業を開始してください。
  • 初めて、リーダライタを接続する際に有効です。リーダライタを2回目以降のUSBポートに接続の際は、パソコン側で不明なデバイスと認識される為、インターネット(オンライン)ドライバダウンロードの手順となります。

1.リーダライタの接続

リーダライタをUSBポートに直接接続します。

2.Windows Updateから自動的にドライバダウンロード

デスクトップ右下バルーンに「正しくインストールされました」メッセージが表示されます。

図:正しくインストールされましたバルーン画面
*掲載画像はWindows7となります。

ドライバダウンロード

Windows Updateにて自動的にドライバをインストールされた場合は、ドライバCD-ROM、ドライバダウンロードを使用してインストールを実施いただく必要はございません。
OS別にドライバ、インストール手順を提供しておりますので、ご利用のパソコンのOSに合ったドライバをダウンロードしてください。ドライバのインストールが終了しましたら、ICカードリーダライタの動作確認のため、リーダライタ診断ツールを実施いただきようお願いします。

【関連項目】