ページの本文へ

Hitachi

公共ITソリューション

2017年3月15日

トピックス

熊本県警察本部の交通事故情報管理システムを刷新

株式会社 日立製作所(以下、日立)は、熊本県警察本部(以下、熊本県警)の交通事故情報管理システム(以下、本システム)を刷新し、1月から稼働を開始しました。

本システムは、熊本県内で発生した交通事故情報を警察署、交番および駐在所などの端末装置から入力することにより集約し、交通事故捜査管理と交通事故分析を行うものです。

これまで熊本県警では表計算ソフトなどを用いて交通事故分析を行っており、多角的な分析は困難でした。今回のシステム刷新により、BIツール*を用いた表やグラフ、さらに電子地図上への交通事故の発生分布図表示など、その時々のニーズに応じた高度な交通事故分析を短時間で実施することが可能となりました。

本システムによる分析結果は、熊本県内の交通事故抑止のための施策に活用されます。また、熊本県警は分析結果の一部を地域住民の方に提供するほか、ホームページで公開するなど、さまざまな活用を検討しています。

日立はこれからも安全・安心な社会の実現に貢献していきます。

  • * BIとは「Business Intelligence」の略。BIツールとは、企業内にあるさまざまな種類の業務データを統合、分析、可視化することで、ビジネスの意思決定に必要な情報を提供するツールのこと。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社 日立製作所 公共ビジネスユニット 公共システム営業統括本部
カスタマ・リレーションズセンタ

以上

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

ニュースリリース&トピックスに関するお問い合わせを受け付けております

お問い合わせ