ページの本文へ

Hitachi

公共ITソリューション

2010年8月10日

トピックス

経済産業省殿「平成22年度医療・介護等関連分野における規制改革・産業創出調査研究事業(医療・介護周辺サービス産業創出調査事業)」において「疾病管理事業者による疾病予防・管理サービス」調査事業を受託

株式会社 日立製作所(以下、日立)は、株式会社 三菱総合研究所殿より経済産業省殿「平成22年度医療・介護等関連分野における規制改革・産業創出調査研究事業(医療・介護周辺サービス産業創出調査事業)」において「疾病管理事業者による疾病予防・管理サービス」調査事業を受託しました。
本調査事業では、医療保険者が行っている保健事業の取り組み調査や、大規模保険者が保持するレセプト・健診データ分析による加入者の状況把握などを行い、それを踏まえた医療機関・保険者・健康サービス産業が連携する新たな疾病予防・管理の仕組みを検討します。具体的には、糖尿病を対象として、現在は「患者(含む予備群)」が個別にかかわっている「医療機関」「保険者」「健康サービス産業」の連携役として「疾病管理事業者(事業主体)」を設置し、連携する関係者にとってメリットがあるトータルな疾病予防・管理の事業モデルおよびビジネスモデルの創出を目標とします。
日立は医療機関、保険者、健康サービス事業者とコンソーシアムを形成し、本調査事業を推進してまいります。なお、本調査事業は2010年8月から2011年2月末まで実施の予定です。

日立は、2009年12月に特定保健指導支援サービス「はらすまダイエット/保健指導」を提供開始するなど、健康分野に関する取り組みを強化しています。本調査事業の成果を活用して、さらなる健康分野のサービス拡充につなげていきます。

以上

ニュースリリース&トピックスに関するお問い合わせを受け付けております

お問い合わせ