ページの本文へ

Hitachi

企業情報サステナビリティ

SDGsと社会イノベーション事業

SDGsはグローバルな社会・環境課題を解決することで持続可能な社会を実現し、人々のQuality of Life(QoL)の向上をめざす国際目標です。日立がこれまで推進してきた社会イノベーション事業は、まさにSDGsの達成に貢献するものであり、日立の持続的成長の源泉であると考えています。
そのため、日立は社会イノベーション事業における革新的なソリューションや製品の提供を通じて新たな社会・環境・経済価値を創出することを経営戦略に据えるとともに、日立の事業が社会・環境にもたらすネガティブインパクトを低減し、社会・環境の変化による事業へのリスクを把握することでネガティブインパクトに対する強靭性の向上に努めます。

日立のSDGs優先課題

日立は執行役会長兼CEO 東原敏昭(当時:執行役社長兼CEO)を議長とする「サステナビリティ戦略会議」において、SDGsの17目標とそれぞれにかかわる事業が及ぼすリスクと機会について検討しました。その後、日立が主要な事業を通じてSDGsの達成に特に大きく貢献できる目標を5つ、企業活動全体を通じて貢献する目標として6つ特定しました。後者は日立のすべての事業・経営戦略に関係しており、企業としてのサステナビリティに影響を与えるものであると考えます。
多岐にわたる事業分野をもつ日立は、特定した11の目標以外にも、SDGsの達成に幅広く貢献できると考えています。また、日立はSDGsのそれぞれの目標は相互にかかわっていると理解しており、SDGsの17の目標すべての達成に向けて、直接的、間接的に貢献していきます。

日立は責任ある企業活動と社会イノベーション事業を通じて、
社会が直面する課題に率先して応え、SDGsの達成に貢献します。

日立はSDGs (Sustainable Development Goals 世界を変えるための17の目標 2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」)のすべての目標の達成に対して直接的もしくは間接的に貢献します。

日立のSDGs優先課題達成へのロードマップ

SDGsが示す持続可能な社会の実現は、日立の持続的成長にもつながります。日立は直接的なお客さまである企業や消費者だけでなく、広くその先にある社会に対しても価値を提供していると考えています。それが社会イノベーション事業の本質であり、日立が提供する製品もサービスもすべて社会のサステナビリティと密接にかかわっています。日立はSDGs達成への取り組みを通じて、サステナビリティのリーダー企業となることをめざしています。

SDGs達成へのロードマップ

SDGsの「事業戦略で貢献する目標」に関する社会インパクト特定

日立は、「2021中期経営計画」が示す社会価値・環境価値・経済価値を具現化するため、2019年度以降、各BU、主要グループ会社に対して、社会・環境インパクトの見える化を推進しています。
具体的には、各BUおよびグループ会社における主要事業を選択した上であらかじめ用意した「社会・環境インパクトの項目一覧」から関連する項目を特定し、ポジティブおよびネガティブのインパクトを整理しました。さらに特定したインパクトに関連するステークホルダーを特定し、ロジックモデルにまとめました。
これにより、日立もしくはお客さまが社会に与えているインパクトを見える化できるだけでなく、ポジティブなインパクトを伸ばし、ネガティブなインパクトを最小化する活動を進めることが可能になります。