ページの本文へ

Hitachi

社会貢献活動

理工系女子応援プロジェクト「未来をつくるリケジョたち!2018」ワークショップ開催

2018年8月27日

  • 人づくり

日立財団は、女子中高生の理系への進路選択を応援することを目的としたイベントを毎年夏休みに開催しています。今年は、コンピュータグラフィックス (以下CG)、ユーザインタフェース分野の研究者である明治大学の五十嵐悠紀先生を講師に招き、ビーズ作品を作るワークショップを開催しました。参加者は、先生が開発したプログラムを使い、CGによるデザインとオリジナルの作品作りに挑戦しました。

一見理系との接点がなさそうな手芸ですが、ビーズ作品制作の過程でCGによる多面体デザインや一筆書き理論などの数学的な要素に触れました。参加者からは、「理系の楽しみをひとつ見つけることができた」「手芸が理系なのに驚いた」「理系もいいなと思った」などの感想があり、進路選択を控える参加者に理系の魅力を伝えることができました。

今後も女子中高生の理系選択のきっかけとなるイベントを開催するとともに、日立財団の理工系女子応援プロジェクトサイト「わたしのあした」においても女子中高生に向けた情報を発信していきます。

写真: CGを使ってデザインの試行錯誤中写真: 制作したデザインの紹介とこだわりや難しかった点を発表する様子写真: 五十嵐先生(前列中央)を囲んでの集合写真

左: CGを使ってデザインの試行錯誤中/中: 制作したデザインの紹介とこだわりや難しかった点を発表する様子/右: 五十嵐先生 (前列中央) を囲んでの集合写真

事業所・グループ会社 公益財団法人 日立財団
実施場所 ワテラス コモンホール (東京都千代田区)
参加人数 女子中学生20人
  • サステナビリティ
  • 日立グループ環境への取り組み
  • 画像: 日立キッズサイト
  • 画像: 日立財団
  • 画像: 財団ニュースレター (日立の財団)