ページの本文へ

Hitachi

社会貢献活動

2016年度 日立-DST南アフリカ技術者育成スカラシップ・プログラム

2016年9月~11月

  • 人づくり

2016年11月29日、2016年度「日立-DST南アフリカ技術者育成スカラシップ・プログラム」の研修生が日本での約2カ月間の研修を終え、帰国前に研修報告会を実施しました。在京南アフリカ大使館および日立関係者約20名が出席した報告会では、研修生は水処理分野の技術だけでなく、日立のエネルギー効率化や蓄電技術等、本研修を通じて学んだことを報告し、帰国後にどのように日本での経験を生かして母国のさらなる発展に寄与していくかについて発表しました。

本プログラムは、2009年より日立製作所と南アフリカの科学技術省(DST)が協同で同国の若手技術者を対象に実施しており、毎年水処理分野に従事する5名の技術者を招聘しています。研修生は日本や日立の技術について理解を深めるため、日本滞在中に日立グループの工場や関連施設での技術研修や浄水場・下水処理場等の現場視察を行っています。

研修報告会後の集合写真ウォータープラザ北九州を視察後に北九州市長を表敬訪問

左: 研修報告会後の集合写真/右: ウォータープラザ北九州を視察後に北九州市長を表敬訪問

事業所・グループ会社 日立製作所 CSR・環境戦略本部
  • サステナビリティ
  • 日立グループ環境への取り組み
  • 画像: 日立キッズサイト
  • 画像: 日立財団
  • 画像: 財団ニュースレター (日立の財団)