ページの本文へ

Hitachi

企業情報サステナビリティ

参画している主なイニシアティブ・団体

日立は、「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」という企業理念のもと、持続可能な社会の実現をめざし、社会イノベーション事業を推進してきました。その一環として、グローバル規模の社会課題の解決に貢献すべく、国際的なイニシアティブに積極的に参画し、グローバル企業としての役割を果たしていきます。

参画している主なイニシアティブ・団体
イニシアティブ・団体名 ロゴ 活動内容
国連グローバル・コンパクト THE GLOBAL COMPACT 2009年に正式加盟
2020年度はグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンの「サプライチェーン分科会」「ESG分科会」「SDGs分科会」など10の分科会に参加
持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD) wbcsd member 1995年以降参加
2020年から「SOS 1.5」プロジェクトに参加
Business
for Social
Responsibility
(BSR)
BSR 2007年に入会、2016年から人権分科会に参加
世界経済フォーラム(WEF) WORLD ECONOMIC FORUM 2014年からダボス会議に参加
気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD) TCFD TASK FORCE ON CLIMATE-RELATED FINANCIAL DISCLOSURES 2018年に賛同を表明し、TCFDの提言に沿って気候変動関連の情報開示を実施
Race To Zero campaign Race To Zero campaign 2020年にBusiness Ambition for 1.5℃への参加を通じて参加
Business Ambition for 1.5℃ Business Ambition for 1.5℃ 2020年にSBT1.5℃認定とあわせて参加
気候変動イニシアティブ(JCI) JAPAN CLIMATE INITIATIVE 2018年以降参加。2021年に発足したJCI Race to Zero Circleも参加
The Valuable 500 The Valuable 500 2021年に加盟
東京湾岸ゼロエミッションイノベーション協議会 Zero-emission Bay Tokyo Zero-emission Innovation Bay 2020年に発足、幹事機関の1社として参加

国連グローバル・コンパクトの10原則

国連グローバル・コンパクトの10原則
人権 原則1: 人権擁護の支持と尊重
原則2: 人権侵害への非加担
労働 原則3: 結社の自由と団体交渉権の承認
原則4: 強制労働の排除
原則5: 児童労働の実効的な廃止
原則6: 雇用と職業の差別撤廃
環境 原則7: 環境問題の予防的アプローチ
原則8: 環境に対する責任のイニシアティブ
原則9: 環境にやさしい技術の開発と普及
腐敗防止 原則10: 強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗防止の取組み

サステナビリティレポート ダウンロード