ページの本文へ

Hitachi

企業情報企業情報採用・インターンシップ採用・インターンシップ新卒採用新卒採用

竹之下 遼 (2018年4月入社)

Ryo Takenoshita

Lumada Data Science Lab.
データサイエンティスト

金融や公共の分野での業務効率化を実現するための分析モデルを構築。PCに向き合うだけでなく、入社後培われたコミュニケーション力でお客様の課題を抽出し、データ分析による改善策を提案。

学生のときにネットワーク上のデータを分析する研究をしていたので、就職活動でもデータ分析の業務に携われることが第一条件でした。こだわりとしては一つの業界のデータを深く掘り下げていくのではなく、幅広い業種や分野のデータ分析がしたいと思っていました。もう一つ、IoT技術にも興味があったので、データ分析とIoTを融合させるような仕事ができたらいいなと考えていました。日立製作所は産業や医療、公共、金融など多岐にわたった事業を展開しているので、さまざまなデータを分析できる環境に身を置くことができます。さらにITだけでなくOTの分野でも業界をリードしていることや、「Lumada」というデジタルソリューションでIoT事業を積極的に推進していることを知り、大きな可能性を感じて入社を決めました。

入社して3年間、データ分析に携わってきましたが、仕事内容は学生時代にイメージしていたものとはかなり違う部分がありました。PCに向かって精度の高い分析モデルを構築するだけでなく、実際にはヒアリングでお客様の要望や問題点を把握し、それを解決して業務改善を実現するのが私の役割で、分析モデルはそのための手段なのだと知りました。その意味でお客様とのコミュニケーションがとても大切な仕事です。もうひとつ、大学の分析では、あらかじめ分析のために用意された「整ったデータ」を扱いますが、実際の生データは入力ミスや記入漏れなどがあり、分析するためにはデータ整形が必要になります。幸い社内には各業界のデータ分析に精通した先輩が多く、丁寧にアドバイスが受けられたので、状況に応じた整形のコツも身につけることができました。

入社2年目に、コールセンターへの問い合わせ内容の分類を自動化するプロジェクトに参加しました。たとえば「このソフトが動かない」「ログインの方法がわからない」など、年間数万件にのぼる問い合わせ内容を、そのコールセンターでは一件ずつ手書き手作業で分類していたため、かなりの時間がかかっていました。そこでデータ分析を機械学習で自動化し、分類担当者の負担軽減や業務効率化に貢献するのがこのプロジェクトの目的でした。ヒアリングで課題を抽出したあと、分析手法を選択して分析のモデルを構築し、実際のデータを使ったテストを行って有用性を評価するまでが私たちの仕事です。今後も業務改善や社会的課題の解決で人々の生活を豊かにするプロジェクトにかかわっていきたいと思っています。

1年目
入社4カ月目に、銀行の取引履歴のデータから不正な取引がないかを自動検出する業務の一部を任される。生データを扱う面白さと難しさを初めて体験すると同時に、困ったときアドバイスを受けられる先輩が多いことに頼もしさを感じた。
2年目
社内での作業だけでなく、お客様先での対応業務が多くなった。コールセンターの業務改善プロジェクトに初めて本格的に参加。多くの先輩からアドバイスを受けて、生データを整形して解析するスキルを磨いていく。お客様の要望を把握するためには業界や事業の知識などドメイン知識が不可欠だと痛感する。
3年目
分析プラットフォームの検討など、分析案件以外にも携わるとともに、一部のプロジェクトでPLを経験。体験を通じてプロジェクトの流れと、その中での自分の役割を知ることになった。今後もより幅広い業種・業界のデータ分析に携わることで自分の幅を広げていきたいと考えている。

OUR MEMBERS

竹之下 遼

Ryo Takenoshita

Lumada Data Science Lab.
データサイエンティスト

金融や公共の分野での業務効率化を実現するための分析モデルを構築。PCに向き合うだけでなく、入社後培われたコミュニケーション力でお客様の課題を抽出し、データ分析による改善策を提案。

中川 弘充

Hiromitsu Nakagawa

Lumada Data Science Lab.
データサイエンティスト

入社後は研究職としてデータ分析領域で研鑚を積む。ヘルスケア分野での多彩なプロジェクトやエネルギー分野での大規模プロジェクトに従事し、ヒューマンセンシング技術や時系列データストア技術を活用して業務に貢献。講演や後進の指導も担当。

和田 絢也

Junya Wada

Lumada Data Science Lab.
データサイエンティスト

数理最適化分野を中心に、広く社会に貢献できる新たなソリューションの創生に取り組む。また、お客様の抱える業務課題を解決するためAIを活用したソリューションの検討・提案・導入を推進。

阿部田 将史

Masafumi Abeta

社会システム事業部 企画本部
デジタルイノベーションセンタ

学生時代に習得した知識をベースに自らの手で何かを生み出したいという願望からデータサイエンティストに。現在はデータ解析の業務に留まらず、AIモデルを社会システム事業部の本番サービスへと移行させるSaaS型のフレームワークの開発にも従事。

野田 沙織

Saori Noda

公共システム事業部 公共基盤ソリューション本部
デジタルソリューション推進部

経験者採用によりデータサイエンティストとして入社。これまでに培ってきたディープラーニング(深層学習)などAIに関する豊富な知識やスキルを活かすことで、社会に貢献したいという強い想いを抱き、その一歩を踏み出す。

鈴木 雅人

Masato Suzuki

金融ビジネスユニット 金融第二システム事業部
金融デジタルイノベーション本部 第三部 第5G

SEとして入社後、海外での業務研修の経験やメンター制度による先輩社員との出会いから、データサイエンティストの面白さを実感。転身後は日立独自のアルゴリズムを備えたAIソリューションの開発を担当。

PAGE TOP

MOVIE