ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

実証実験デモ

2017年10月に羽田空港で行われた、ヒューマノイドロボット「EMIEW3」を活用した案内サービスの実証実験の様子です。対話による施設・店舗案内と目的地付近までの誘導を行った後、対話コンテンツの拡充を行う実証内容となっています。

(2017年12月)

インタビュー

At OpenFog World Congress, Dr. Joydeep Acharya, senior research engineer of Digital Solution Platform Lab of CSI-NA presented peer-reviewed research paper about GPS analytics for mobile IoT to achieve context aware data compression and privacy and also received interview about IoT Edge Analytics for Hitachi High Speed Rail.

(2017年12月)

セミナー映像

グロービスセミナー 「人工知能はビジネスをどう変えるか」 (2017年8月29日開催/グロービス経営大学院 東京校)

人工知能が注目されている中で、実はビジネス面での成果はなかなか出ていない。人工知能はどのような分野で効果的に作用し、人間はそれをどうサポートする必要があるのか。ビジネスの成果につながる人工知能のために何が必要かを解き明かすとともに、従業員にHappinessをもたらし、生産性を上げる人工知能の可能性を語る。『データの見えざる手』著者、日立製作所 研究開発グループ 技師長・矢野和男氏が語る「人工知能はビジネスをどう変えるか」。

(2017年11月)

技術紹介

ビジョンデザイン

気にしなければいけない家の中のちょっとしたことを、新しいサービスで埋めていく。

(2017年10月)

実証実験デモ

2017年4月に東京・「ダイバーシティ東京 プラザ」で行われた、ヒューマノイドロボット「EMIEW3」を活用したPRサービスの実証実験の様子です。こちらは、館内を移動しながらクーポンのPRを行うデモです。

(2017年10月)

技術紹介

日立は、ヒューマノイドロボット「EMIEW3」の接客・案内サービスでの活用を想定し、対応できなかった質問を職員に確認して自発的に日々成長する音声対話AI技術を開発しました。
本技術により、専門知識を持たない職員でも、「EMIEW3」からの質問に回答するだけで、対話コンテンツを拡充することが可能になり、そのための工数を約10分の1に削減できることを確認しました。

(2017年9月)

技術紹介

ビジョンデザイン

「社会に良いことをしたい」「納得して代金を払いたい」という2つの問題を変化する価格で結びつける。

(2017年9月)

インタビュー

日立のR&D戦略

日立製作所の研究開発における三大方針は、「注力4事業分野への集中」、「事業拡大を支えるLumadaの進化」、「将来の社会課題への挑戦」である。IT(Information Technology)とOT(Operation Technology)とプロダクトを自社でまかなえる総合力の強み、「Lumada」を軸とした社会イノベーション事業推進の意義、Insights Labをはじめとするグローバルな研究開発体制の狙いなど、日立製作所のR&D戦略について鈴木教洋・研究開発グループ長が語った。

(2017年6月)

技術紹介

ビジョンデザイン

生徒と仲良くなるロボットが、活き活きとした生徒の様子を教師へ伝える。

(2017年6月)

モノの把握+片づけ+貸し借り=狭い家でも豊かな暮らし。

(2017年6月)

条件を伝える、組合せを考える、調理をする。気を遣うことを機械に任せる。

(2017年6月)

長い時間をかけたわずかな変化に気づくことで、ロボットが役割を変化させながら人に寄り添う。

(2017年6月)

街中の家電でウィルスの広がりを可視化し、街の人たちの行動を変える。

(2017年6月)

住民との関係を築く巡回ロボットが、目に見える安心感を与える。

(2017年6月)

技術紹介

ビジョンデザイン

共に移動し、歩くことを促す1人乗りモビリティ。

(2017年6月)

医療機器などの街中「院内」物流。

(2017年6月)

さまざまに組み変わる小さな生産拠点を結び"大工場"をつくる。

(2017年6月)

走行車両を都市全体で管理する。

(2017年6月)

生活用水を各家庭に高頻度配送する。

(2017年6月)

技術紹介

ビジョンデザイン

街への思いをエネルギーに関する行動につなげる。

(2017年6月)

技術紹介

ビジョンデザイン

「準備が難しい大量生産」や「面倒な保守」のしくみを提供する。

(2017年6月)

映像講義

人工知能は「超スマート社会」到来を加速する

画一的なルールに縛られた20世紀型社会から、多様性や変化を受け入れる21世紀型の社会へ。この「超スマート社会」へと向かう流れに、日立製作所は人工知能とデータ活用によって積極的に取り組んでいます。日立におけるAI研究の第一人者である矢野和男・研究開発グループ技師長が、21世紀にふさわしい働きがいのある社会、そして幸福(ハピネス)のあり方を語ります。

(2017年4月)

実証実験デモ

2017年2月に東京・「ダイバーシティ東京 プラザ」で行われた、ヒューマノイドロボット「EMIEW3」を活用した店舗案内サービスの実証実験の様子です。こちらは、食べたいメニューからお勧めのレストランを紹介するデモです。

(2017年3月)

技術紹介

日立グループ・アイデンティティを胸に働く世界中の日立の仲間が、自身の仕事に対する情熱、夢、誇りを語り、自分たち一人一人こそが日立であるという思いを込めて、「I am Hitachi」と力強く宣言しています。

(2017年3月)

技術紹介

Technology at the Wheel: Part 1

 

(2017年3月)

Technology at the Wheel: Part 2

The autonomous mobility ecosystem is as dynamic as it is complex. It creates an enhanced driving experience, along with a complete range of benefits. However, it also raises understandable challenges and concerns, many first-of-their-kind, among consumers, customers and the general public.

(2017年3月)

Technology at the Wheel: Part 3

Hitachi is aligning and combining its control technology and knowledge across several industries, with Hitachi Group companies working together on these new mobility technologies. For example, Clarion, a leading in-vehicle information-solutions provider, is sharing its expertise in sensor technology, high-definition cameras, SurroundEye Cameras, Electronic Control Units (ECUs) and Telematics Control Units (TCUs).

(2017年3月)

Technology at the Wheel: Part 4

 

(2017年3月)

Technology at the Wheel: Part 5

Hitachi recognizes that connected and autonomous vehicles are a vital part of the future for the automotive industry and society, and is committed to the innovation needed to achieve full automation. As part of the company's commitment, and through its relationship with the University of Michigan's Mobility Transformation Center and Mcity, Hitachi is progressing toward autonomous driving technologies that will deliver new levels of safety, reliability, efficiency, comfort, convenience and security that will benefit not only the next generation of vehicle owners and users but society as well.

(2017年3月)

イベント映像

The 2016 Hitachi Social Innovation Forum was held in Santa Clara, California, to convene the innovators who together will shape the future of IoT. With Hitachi AI Technology we aim at providing support in resolving social issues and in achieving business growth beyond human conception. Hitachi's vision is to become your innovation partner of the IT and IoT era, solving today's challenges for a better future. Explore more about Hitachi Robotics and Hitachi AI.

(2017年2月)

技術紹介

Part 1

Among its range of next-generation drive control technology, Hitachi's developments in autonomous parking mark a critical juncture in the transformation of the automotive sector, and how we interact with cars in our daily lives. With more people and cars on the road and in our cities and towns than ever, it's all the more important to keep things together in tight spaces and simplify tricky maneuvers. Hitachi's innovative technology for autonomous parking helps keep life safer, and everyday parking easier.

(2017年1月)

Part 2

Hitachi is helping make strides toward a safer world, and autonomous mobility has taken on a decisive role for driving those changes in daily life. One of the most exciting developments in Hitachi's plan for connected mobility has arrived: autonomous parking technology. Sometimes the simplest functions can provide the most hazardous conditions for drivers. Hitachi's innovative technology for autonomous parking make everyday parking easier.

(2017年1月)

Part 3

Among Hitachi's range of next-generation drive control technology, developments in autonomous parking mark a critical juncture in the transformation of the automotive sector, and how we interact with cars in our daily lives. With more people and cars on the road and in our cities and towns than ever, raising a modern family means keeping things together in tight spaces. Hitachi's innovative technology for autonomous parking helps keep families safe even when life puts on the squeeze.

(2017年1月)

年別インデックス