ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インデックスを表示

用語解説

実世界で有用な価値を創出するために、実世界(フィジカル)とコンピューター(サイバー空間)をIT技術によって結びつけること。実世界のデータをセンサーなどで収集し、収集した情報をコンピューターで分析し、その分析結果から生まれる情報や価値を実世界で活用するという一連のサイクルを指す。車載機からの交通情報の収集による渋滞などの問題の解消、気温や湿度などをモニターすることによる農業環境の自動制御など、社会の様々な場面で適用が進んでいる。近年、コンピューターが処理できるデータ量が爆発的に増えたことや、実世界のデータ収集に使用するためのセンサーが安価になってきたという背景から、社会インフラなどさらに多様な分野への応用が期待されている。

人気の用語

    最近追加した用語