ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2018年6月18日

タイトル

熟練者と同等の切削加工品質を確保できる切削加工誤差補正技術を開発

リリース文抜粋


切削加工における熟練者加工ノウハウのデジタル化の概要

日立は、NC切削加工機では初となる、加工機の個体差を考慮した加工誤差補正技術を開発しました。熟練者の加工ノウハウをデジタル化し、切削する加工機・工具・素材形状などに応じて制御プログラムを自動で補正することで、加工品質を高めることができます。複数の工場の切削加工機を組み合わせた量産加工において、無補正で加工した場合と比べ加工精度が4~6倍向上し、熟練者に頼ることなく、同品質加工を実現します。

日立は、本技術により、「クラウドマニュファクチャリング(Crowd Manufacturing)」を実現し、多様化が進むお客さまニーズへの柔軟な対応と高稼働率の生産体制の両立に貢献していきます。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2018年6月19日
2018年6月20日
  • ページの先頭へ