ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2016年2月3日

タイトル

信号品質が劣化した環境下で高速データ伝送を実現する低消費電力送受信機を試作

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、データセンターに設置されるストレージやサーバーなどの情報機器間をイーサネット®標準規格IEEE 802.3bjで定められている5mを上回る10mの銅線ケーブルで、伝送速度25Gb/sの通信を実現する低消費電力送受信器を試作しました。これは、信号レベルが1/300に低減する通信環境でも高速データ伝送が可能になることを意味します。

今回試作した送受信機の性能を測定するため、日立金属株式会社製ケーブルOMNIBIT®10mを用いて、伝送損失が50dBの送受信機間を伝送速度25Gb/sで高速通信する実証実験を行いました。その結果、電力効率が0.269pJ/bit/dBと世界トップクラスでありながら、信号の誤り率(ビットエラーレート)がイーサネット®標準規格IEEE 802.3bjで定められている10-12以下という高品質な通信ができることを確認しました。


試作した低消費電力送受信機

*
「イーサネット®」は富士ゼロックス株式会社の登録商標です。
*
「OMNIBIT®」は日立金属株式会社の登録商標です。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2016年2月3日
2016年2月3日
  • ページの先頭へ