ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは、東北大学原子分子材料科学高等研究機構と共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2015年11月12日 株式会社日立製作所、東北大学原子分子材料科学高等研究機構

タイトル

高耐熱全固体リチウムイオン二次電池の基礎技術を開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所、および、国立大学法人東北大学原子分子材料科学高等研究機構の折茂 慎一教授らの研究グループは、電解質に錯体水素化物を用いた全固体リチウムイオン二次電池において、充放電性能の低下要因となる電池内の内部抵抗を低減する技術を開発しました。小容量(2mAh)電池を試作し、外気温150℃の環境において理論容量の90%の電池動作を実証しました。本技術により、エンジンルームに搭載する自動車用の電源や大型産業機械に搭載するモータ用の電源、滅菌加熱が必要とされる医療用機器電源など、高温環境下での電池使用を可能とします。また、従来のリチウムイオン二次電池が必要としていた冷却機構が不要となることにより、電池システムの小型化とコスト低減が期待できます。

電池構成と150℃環境での放電曲線

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2015年11月12日
2015年11月13日
2015年11月16日
2015年11月18日
  • ページの先頭へ