ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは日立オートモティブシステムズ、クラリオンと共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2015年10月14日 株式会社日立製作所、日立オートモティブシステムズ株式会社、クラリオン株式会社

タイトル

一般道での自動運転実用化に向け、歩行者の行動変化を予測し衝突を防止する基本技術を開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所、日立オートモティブシステムズ株式会社、クラリオン株式会社は、歩行者などの行動変化を予測し、リアルタイムで最適な速度パターンを高速演算することで、安全かつ実用的な速度で衝突を防止する基本技術を開発しました。その特長は、1.行動変化予測に基づく速度制御技術、2.高速演算技術です。

今回開発した技術の有効性を確認するため、実験車による検証を行い、実用的な歩行者通過速度、および良好な乗り心地の基準である加速度(2.2 m/s2以下)、加速度変化(2.0 m/s3以下)を達成しました。

今後は米国ミシガン大学が2015年7月に開設した自動運転車やコネクテッドカーの走行実験プロジェクト「Mcity(エムシティ)」などの走行環境を活用し、実験車による評価検証を重ねていく予定です。


歩行者行動予測に基づく速度制御
(上図:実験車、下図:予測制御情報)

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2015年10月15日
2015年10月16日
2015年10月14日
2015年10月19日
2015年10月20日
2015年10月27日
2015年10月28日
  • ページの先頭へ