ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2015年8月4日

タイトル

無人搬送車に登録された倉庫内の配置図をリアルタイムに更新し自車の位置を認識する技術を開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、このたび、物流倉庫などで商品を棚ごと搬送する無人搬送車向けに、搬送による商品棚の移動を検知し、無人搬送車に登録された商品棚の配置図をリアルタイムに更新しながら自車の位置を認識する技術を開発しました。本技術により、これまで走行ガイドとして床面に敷設していたマーカーを使用せずに、無人搬送車の自律走行が可能となります。マーカーが不要になることにより、敷設・保守コストを削減できるだけでなく、走行経路や設備レイアウトの設計自由度を高めることが期待されます。

今回開発した技術は、無人搬送車に事前に登録する配置図を、倉庫の壁や柱などの「動かない領域」と、商品棚などの「動く領域」に分けて管理します。この配置図と距離センサーで計測した柱や商品棚の位置情報を照合することで自車の位置を認識した後、「動く領域」にある商品棚の配置のみを更新します。これにより、本来動くはずのない壁や柱の位置を誤って変更してしまうことなく、配置図の精度を高く保ち続けることが可能となります。さらに、配置図の更新対象を「動く領域」のみに限定したことにより、配置図を更新する時間の短縮を実現しています。

今回開発した技術を搭載した棚搬送型の無人搬送車

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2015年8月5日
2015年8月4日
2015年8月5日
  • ページの先頭へ