ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは日立ビルシステムと共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2015年6月9日 日立製作所、日立ビルシステム

タイトル

3次元の計測データから昇降路の据付図面を自動生成するシステム「3D現地調査システム」を開発、運用を開始

リリース文抜粋

株式会社日立製作所と株式会社日立ビルシステムは、エレベーターのリニューアル工事において、現地調査から設計作業までの時間を大幅に低減し、工事の見積り作成までのリードタイムを短縮する「3D現地調査システム」を開発し、2015年4月から運用を開始しました。

昇降路の寸法測定に3D計測器を導入したことにより、安定した品質の計測データが取得可能になりました。
同時に、準備作業を含んだエレベーターの停止時間を90分程度から30分程度まで大幅に短縮でき、ユーザーの利便性を向上させました。

また、3D計測データから、壁面・レール・梁などの構造物を自動識別するアルゴリズムを開発したことにより、従来は技術者がCADを用いて実施していた図面の作成にかかる時間を4時間程度から30分程度まで大幅に短縮できます。これにより、見積りに必要な図面を高品質かつ速やかにお客さまへ提供できるようになりました。

3D計測器による昇降路計測作業イメージと3D計測データの自動寸法算出方法イメージ

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2015年6月10日
2015年6月10日
  • ページの先頭へ