ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2015年2月24日

タイトル

IT装置向け高速データ伝送を実現する送受信器の試作に成功

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、このたび、ストレージやサーバなどのIT装置内において、プリント基板の配線を利用してLSIチップ間を高速でデータ伝送できる送受信器の試作に成功しました。本送受信器には、信号損失が最大40dBとなる条件において、劣化した信号を高精度に復元し、25Gb/sでデータ伝送を行うことを可能とする信号再生回路を搭載しています。本機能によりIT装置内において複数のプリント基板を跨ぐ信号損失が大きな配線においても、25Gb/sで伝送された信号の誤り率(ビットエラーレート)が10-14以下となる高速かつ高品質なデータ伝送が可能となることを確認しました。

IT装置内のデータ伝送に関わるイーサネットの標準規格IEEE802.3bjでは、信号損失35dBで25Gb/sのデータ伝送を規定していますが、本送受信器は規格を上回る性能を得ています。本送受信器はIT装置間のデータ伝送にも適用可能であり、次世代の高性能IT装置を実現するキー技術となります。

IT装置内のデータ伝送経路と送受信器の例

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2015年2月24日
2015年2月24日
  • ページの先頭へ