ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは、日立ハイテクノロジーズ、慶應義塾大学と共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2014年9月9日 (株)日立ハイテクノロジーズ、(株)日立製作所、慶應義塾大学

タイトル

バンダイのブロック玩具BlockLabo®(ブロックラボ)「おおきなパン工場とすてきなおうちブロックバケツ」の開発に協力

リリース文抜粋

株式会社日立ハイテクノロジーズ、株式会社日立製作所、慶應義塾大学は、脳科学をモノづくりに活用する取り組みの一環として、株式会社バンダイが販売するブロック玩具「BlockLabo® (ブロックラボ)」シリーズの「おおきなパン工場とすてきなおうちブロックバケツ」の開発に協力しました。

「BlockLabo®」シリーズは、脳科学の知見に基づいたブロック玩具として2011年4月より発売されました。本シリーズは、子どもの成長に合わせた玩具開発をめざすバンダイと、脳科学の知見をモノづくりに活用する取組みを進める日立ハイテクおよび日立との協働により実現したものです。

今回バンダイが発売する「BlockLabo®」シリーズの新商品には、日立ハイテク、日立、慶應義塾大学が実施、検証した「心の理論(他人の気持ちが分かる心)」研究の知見が活用されています。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

  • ページの先頭へ