ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2014年6月9日

タイトル

指静脈情報を用いた電子決済向け生体署名システムの試作に成功

リリース文抜粋

日立指静脈認証装置
日立指静脈認証装置 H-1

株式会社日立製作所は、このたび、クレジット決済やオンラインバンキング、企業間電子商取引などの電子決済における取引データの偽造・改ざんを防ぐとともに、より確実な本人確認を実現する、電子決済向け生体署名システムの試作に成功しました。

このシステムは、生体情報を秘密鍵として用いる電子署名技術であるPBI(Public Biometrics Infrastructure)技術を指静脈認証装置に適用したもので、パスワードやICカードを使わずに指静脈情報のみに基づいて決済ができます。

試作システムでは、指静脈情報そのものが秘密鍵となるため、従来厳密な管理が必要であった秘密鍵をユーザー側で保存する必要がありません。また、システムに登録するデータ(公開鍵)から指静脈情報を復元することはできないため、生体情報の漏えいや偽造を防ぎます。

これにより、オンラインでのクレジット決済や銀行決済において、電子署名技術に基づくより便利で確実な本人認証を可能にします。

本システムの試作にあたっては、株式会社ジェーシービーより、PBI技術のクレジット決済適用における有効性などの知見を得て、実施しました。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

  • ページの先頭へ