ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2012年11月27日

タイトル

国を跨る生産工場や保管拠点などの最適な配置を決定するグローバルサプライチェーンのトータルコスト算出技術を開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、株式会社日立物流の協力のもと、グローバル企業のサプライチェーンを最小コストで実現するため、調達先、生産工場、保管倉庫などの拠点配置の最適化技術を開発しました。開発技術は、製品の種類、生産コスト、リードタイム、製造ラインの原価償却などサプライチェーンを構成する際に発生する様々なコスト要因を考慮して、国内外拠点の配置によるトータルコストの変動を算出します。この技術は、工場の製造ラインの構成や優遇制度を前提とした関税率(特恵関税率*1)なども考慮できるという特長があり、グローバル企業においてサプライチェーン構成を決定する際のトータルコスト評価に適用できます。

*1
経済連携協定に基づいてある特定の国や地域に対して適用する,他の国に適用するよりも低い関税率のこと。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

  • 日刊工業新聞 (2012年11月27日 25面)
  • 日経産業新聞 (2012年11月29日 5面)
  • LNEWS (2012年11月27日)
  • ページの先頭へ