ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

アイデアソンの実施風景

去る2019年2月9日、研究開発グループ(株)日立産機システム、および日立グループ各社から自主的に集う社員たちによるチーム(Team Sunrise活動)(1) とのコラボによる「日立グループアイデアソン大会」が開催されました。本取り組みは、Society 5.0 for SDGsに貢献する社会イノベーションや、日立がグローバルトップ企業となることをめざし、自主的に活動しているものです。

今回は「温度を管理できる不思議なインクを使った新規事業のアイデア」をテーマとして、日立が開発した「示温インク」の技術(2)をベースにさまざまなアイデアを提案しました。日立は、組織や年齢の枠を超えた仲間の力を活かし、これからもさまざまなテーマで社会イノベーションのアイデアを考えSociety 5.0 for SDGsへ貢献していきます。

(1)
日立グループ各社より社員が組織や年齢の枠を超え自主的に集まり、自己研さんやビジネス創出などを推進する2006年から続いている活動。(2015年度日立アイデアコンテスト入賞、現在メンバ約1500名)
(2)
関連コンテンツ