ページの本文へ

Hitachi

デジタルライフソリューション

Digital smart city Digital smart city

Connected
Car

Value

人の移動から物流まで、IoVで移動時間、空間の可能性を拡げる。

日立は、OT×IT×プロダクトを強みとする総合力をベースに、人とモノの移動に関わるさまざまなパートナーとの協創によってIoVプラットフォームを構築し、新たな移動社会を創出します。

街から街へ、街の中のあらゆる場所へ、人やモノがより安全、快適、効率的に移動できるように、日立は自動車部品プロダクトから交通システムのOTまで、移動を支えるさまざまな仕組みに携わってきました。
また、人、モノ、クルマがインターネットを介してデータセンターやインフラとつながることで新たな価値を生み出すためのIoVプラットフォームを築いてきました。
そして、自動運転関連を始めとする各種開発技術をIoVプラットフォームに実装し、多様な分野のパートナーの皆さまとともに、サステナブルでより豊かなくらしを実現する社会イノベーションのための新しいサービスの構築を進めています。

例えば、広域での自動運転の実用化に向けた高詳細地図生成技術、運転状況を分析しさらなる安全性と運転の快適性を高めるためのデータ分析技術、働くクルマの現場での高度な自動運転技術。また、地方の公共交通の利便性を高めるMaaS実証実験、データとクラウド技術を活用し高効率搬送を実現する物流MaaSにも取り組んでいます。
このように幅広いアプローチにより、社会の多様な問題を解決し空間の可能性を拡げることで、豊かで便利なくらしを支える新たな移動社会の実現をめざしています。

IoV:Internet of Vehicles
OT:Operational Technology
MaaS:Mobility as a Service