ページの本文へ

Hitachi

デジタルスマートシティ

Hitachi Digital Smart City まず、人の幸せから考える。 People Centric Digitalization Future Proofing

まず人の幸せから
考える、
日立の
デジタルスマートシティ。

日立は世の中の変化を柔軟に捉え、街や人のデータを利活用することで、Wellnessを軸にした住むほどに生活者のQoLの向上するスマートシティをめざしています。そして日立は人中心の街づくりとして「人々が健康で生き生きと暮らせる街」、「にぎわいを安心して楽しめる街」を実現していきます。

街のさまざまな営みを
多彩なサービスがささえます。

Shopping

いつもワクワクにぎわいのある街

デジタルスマートシティでのショッピング

eコマースの台頭やパンデミックの発生により、ショッピングモールなどの商業施設のあり方にも変化が求められています。日立は、ショッピングに関わる人々の幸せから考え、安全を確保しつつ、新しい魅力や発見が生まれ続ける空間を実現できるよう、サポートすることをめざしています。

Workplace &
Workstyle

豊かに楽しく働ける街

デジタルスマートシティでのワークプレイス/ワークスタイル

働き方改革やパンデミックの経験を経て、ひとりひとりの働き方は大きく変わり、より自由に安心して働くことができるワークプレイスやワークスタイルが求められています。日立は、働く人の幸せから考え、さまざまな場面で適用できるデジタルソリューションにより、仕事の効率やチームワークの向上をめざしています。

Senior Life

健康で生き生き暮らせる街

デジタルスマートシティでのシニアライフ

「人生100年時代」を迎え、長く健康で自立して生活できることが、これからの社会にとってますます重要になってきます。日立は、シニアの幸せから考え、運動・栄養・社会参加の視点から、デジタルを活用した各種ソリューションを適用し、健康で生き生きと暮らせる街づくりをめざしています。

Technology

安心・安全が保たれる街へ

デジタルスマートシティを支える技術

さまざまな人が集まり変化し続ける街では、求められる機能も日々変化しています。日立のデジタルスマートシティは、街の変化を見逃さず、変化に応えて新たな価値を提供し続けていくことをめざしています。