ページの本文へ

Hitachi

日立ワークスタイル変革ソリューション

日立の取り組み

未来をひらく 幸せな働き方
〜ワークスタイルはデジタルで変えられる〜

みんながイキイキと働ければ会社が輝く。社員一人ひとりの成長が、強い組織をつくり、イノベーションを生み出す。今はまだ想像できていない、働き方のその先へ。日立は、「多様な人財がワクワクと働き、楽しいライフスタイルもある」「デジタルの活用で働き方を変えていきたい」。そんな想いをカタチにします。

未来をひらく幸せな働き方
ワークスタイル変革を推進していく上で重要なことは?
イキイキ社員を増やし、生産性を高めていくダブルスパイラルアップに挑む日立の取り組みを紹介する。

日立がご提案するコンセプト未来をひらく 幸せな働き方 〜ワークスタイルはデジタルで変えられる〜

日立は、「多様な人財がワクワクと働き、楽しいライフスタイルもある」「デジタルの活用で働き方を変えていきたい」。
そんな想いをカタチにします。

日立が考える働き方改革のススメ方

お客さまの課題に寄り添い、日立のノウハウとデジタル技術の活用をもって解決をご支援します。

PDCAサイクル

日立の取り組みのご紹介

バナー:【対談】ニューノーマルな働き方へ、オンラインとリアルのベストミックスを考える

【対談】ニューノーマルな働き方へ、オンラインとリアルのベストミックスを考える
コロナ禍の中、読者の多くの皆さんが在宅勤務を経験されたと思います。出社をせず遠隔地同士で行う業務に、 どのような課題や 可能性を感じられましたか?今回の座談会では3回の連載を通して、テレワーク専門のコンサルティング会社である、株式会社テレワークマネジメントの田澤由利氏と鵜澤純子氏、そして日立のワークスタイル変革を推進する荒井達郎と板橋正文が、コロナ禍での気づきを総括し、ニューノーマルへ向けて進むべき方向を探ります。

バナー:日立製作所が移行を宣言したニューノーマル時代の新たな働き方(ZDNet Japan掲載)

日立製作所が移行を宣言したニューノーマル時代の新たな働き方(ZDNet Japan掲載)
ニューノーマル時代の新たな働き方の実現に向けて全社で連携を取りながら、さまざまな改革を急ピッチで進めている日立の取り組みについて、テレワーク環境の整備に焦点をあて、ご紹介いたします。

バナー:With・Afterコロナ時代のニューノーマルな働き方 日立グループの実践に見る その傾向と対策は(日経ビジネスサイト掲載)

With・Afterコロナ時代のニューノーマルな働き方
日立グループの実践に見る その傾向と対策は(日経ビジネスサイト掲載)
日立製作所のキーパーソンたちに、Withコロナ時代の働き方について、日経BP総合研究所フェローの桔梗原 富夫氏が話を聞いた。

バナー:【緊急対談】「在宅勤務」を要する不測の事態、どう乗り越えるのか。

【緊急対談】「在宅勤務」を要する不測の事態、どう乗り越えるのか。
新型コロナウィルスの流行により、“在宅勤務は待ったなし”の社会情勢となり、在宅勤務に対する世間の見方も大きく変わりました。業務は円滑に回っていますでしょうか。今からでも遅くない、仕事を進めるためのヒントになるよう、テレワーク専門のコンサルティング、株式会社テレワークマネジメントの田澤由利氏と鵜澤純子氏、そして日立のワークスタイル変革を推進する荒井達郎と津嘉山睦月の4名が、在宅勤務の勘所をお伝えします。

バナー:デジタル活用の「働き方改革」で個人と組織のスパイラルアップに挑む

デジタル活用の「働き方改革」で個人と組織のスパイラルアップに挑む
いま多くの企業が働き方改革に取り組み、長時間労働の是正をめざしています。しかしそれは「改革」の第一歩にすぎません。本当の意味でのゴールは、捻出された時間を社員一人ひとりの生きがいや価値創造の実現に充て、組織全体の生産性向上をめざしていくことにあります。

バナー:日立が挑む、未来をひらく幸せな働き方(日経ビジネス3月29日発売号(4月1日号)掲載)

日立が挑む、未来をひらく幸せな働き方(日経ビジネス3月29日発売号(4月1日号)掲載)
ワークスタイル変革の本当の目的を考えたとき、労働時間の削減はゴールといえるだろうか。「真のゴールは、捻出した時間で新たな価値創出を実現することにある」--。日立製作所が実践している「ピープルアナリティクス」の内容と成果について、キーパーソン2人に話を聞いた。

一人ひとりに寄り添う人事 〜人と組織をデータで見える化〜

一人ひとりに寄り添う人事 〜人と組織をデータで見える化〜
社員や組織に関するさまざまなデータを活用し、社員一人ひとりの生産性を向上させる日立人事部門の取り組みとは。
復活した日立の「働き方改革」 AIで上司と部下の人間関係まで「見える化」(J-CAST会社ウォッチサイトへ)
史上最悪の大赤字から、わずか8年で過去最高の営業利益を上げるまでに立ち直った日立製作所。その背景には、従業員の仕事ぶりをすべて「見える化」する働き方改革があった。2018年2月20日に東京・虎ノ門で開いた「働き方改革実現会議〜イノベーションと日本のV字回復」で講演した内容を紹介する。
システムログという羅針盤を手に、働き方改革という大海原に乗り出そう!
働き方の見える化のためのデータ収集として、よく用いられる手段は、社員へのアンケートやヒアリングであり、そこで得られる定性的な情報は、どうしても主観が入った情報となります。働き方を真の意味で把握するには、定量的なデータを利用して見える化することが重要です。
ワークスタイル変革はなぜ進まないのか 働き方パズルに足りないピースとは?
働き方を見直す動きが高まっている。しかし先進的なワークスタイル変革を推進する企業が増える一方で、思ったよりも効果が出ていないケースやプロジェクトがなかなか進まないことに悩んでいる企業も少なくない。成功する企業とそうでない企業の差はどこにあるのか。ここではより早く変革を進め成功につなげるための方策を考えてみたい。
日立グループの実践で見えてきたワークスタイル変革の「成功のカギ」とは 〜日立グループ約34万人がイキイキと働ける環境をめざして
企業成長のための生産性向上の必要性や、少子高齢化、労働人口減少などの課題を背景に、働き方を見直す動きが急速に広がっている。しかし、実際にワークスタイル変革を推進しようとすると、さまざまな課題や壁にとまどう企業も少なくない。