ページの本文へ

Hitachi

日立ワークスタイル変革ソリューション

日立の取り組み

日立が考える
ニューノーマルな働き方とは

かつてない規模と期間でのテレワークの実践から、発生した多くの課題。そこから見えてきたのは、従来のオフィスを前提とした働き方から、「人」を中心に幸福度や快適性、生産性を両立させつつ、場所に依存しない柔軟なワークスタイルへと、迅速に移行する必要があるということ。
日立は、従業員の生産性向上に大きく貢献するために、人を中心とした3つの観点をバランスよく機能させることが、ニューノーマルな働き方の“あるべき姿”につながると考えています。

ニューノーマルの
新しい働き方を
ペルソナの特性に応じた
ITサービスで支援

日立は従業員一人ひとりの「人」と「働き方」に着目をし、自社での経験から代表的な従業員(ペルソナ)の姿(従業員の業務内容やライフスタイル)を具体的に想定。ニーズに応じて必要なITを選択可能なサブスクリプション型のサービスとして提供することで、さまざまな企業が取り組む「多様な従業員への伴走」と「生産性向上」を支援します。

ペルソナの特性に応じたITサービスのご紹介はこちら

お問い合わせ

働き方改革、ワークスタイル改革についてのご相談、日立ワークスタイル改革ソリューションに関するお問い合わせを受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。

テレワーク・働き方改革に関する最新情報配信中

メルマガ登録