ページの本文へ

Hitachi

AI画像認識アプリケーションプラットフォーム/Hitachi Visual Inspection Application

目視検査工程へのAI活用プロジェクト、
PoCで終わっていませんか?

製造現場での製品品質の向上、人手不足の解消、検査技術の伝承の観点で、目視検査工程へのAIの活用が注目されています。
一方、PoCにて優れたAI画像認識エンジンができたとしても、高度に自動化された製造現場のシステムに組み込むためには、システムの立ち上げが困難だったり、AIエンジンやデバイスとの接続が必要だったりするなど、さまざまな課題があることがわかってきました。

Hitachi Visual Inspection Application(以下、HVIA)は、
AIを活用した目視検査工程の本番システム構築や運用管理を低コストかつスムーズに行えるように設計された
アプリケーションプラットフォームです。

PoV/本番環境の構築工数を最適にする
HVIAのつの特長

さまざまなデバイス・システムと
連携できる

画像認識AIのシステムに欠かせない、画像入力用の各社カメラ接続に対応しています。

また、出力先として、PLC、パトランプなどの制御系デバイスや、製造工程管理システムやBIツールとの接続に対応可能です。

さまざまなAIエンジンが選べる

オリジナルで作成したAIエンジン、クラウドで提供されるAIエンジンと連携が可能です。また日立が用意したエンジンをお使いいただくオプションもございます。
加えて、システム稼働開始後の学習・追加学習も容易にできます。

システムの立ち上げが簡単

ユーザー用画面、AI用データ管理、結果判定機能、デバイスインタフェース、AIエンジンインタフェースなど、お客さまの目視検査工程の業務を遂行するために必要な機能がそろっています。

Hitachi Social Innovation Forum 2021 JAPAN

2021年10月11日〜15日開催日立グループ最大規模のイベント

「Hitachi Social Innovation Forum 2021 JAPAN」

SE04-03INDUSTRY 10月14日(木):10時50分〜11時10分
「目視外観検査の自動化を推進、AI画像認識アプリケーションプラットフォーム」

参加無料・事前登録制