ページの本文へ

Hitachi

日立ストレージソリューション

近年、画像や映像、音声などのコンテンツデータが急増しており、その長期保管に伴うアーカイブデータの増加により、ストレージやテープ装置の増設や運用負荷が増大、その運用コストの低減が課題となっています。また、サイロ化されたバックアップ環境の統合による、さらなる運用の効率化と集約したデータから新たな知見を得るなどの有効活用が求められています。
『日立コンテンツソリューション』はファイル・コンテンツデータの運用・管理課題を一元的に解決可能なソリューションを提供いたします。

日立コンテンツソリューションとは

日立コンテンツソリューションは、データ管理基盤としてグローバルで実績のあるHitachi Vantara社のオブジェクトストレージを採用(*)。大容量のデータを効率的に長期間安心して保管し、既存のテープによるバックアップ環境の置き換えや、サイロ化されたバックアップ環境の統合を可能にしました。また、日立がミッションクリティカル分野で培った技術やノウハウを活かし、システムの導入・構築から運用・保守までトータルにお客さまをサポートいたします。これにより、新たなバックアップ環境への迅速な移行と、移行に伴うリスクを低減することで運用コストの最適化にお役立ちします。
さらに日立のデータ統合・分析基盤であるPentahoと組み合わせて、オブジェクトストレージ上に格納したデータの容易な分析を可能にするサービス・ソリューションの提供を予定しており(2019年9月計画中)、お客さまのデータ利活用を促進し、デジタライゼーションの推進を支援します。

*
2600社を超えるお客さまにご利用いただいております。

日立コンテンツソリューションとは

特長

(1)グローバルで実績のあるオブジェクトストレージで大容量データを効率的に長期間安心して保管可能

ソリューションのコアとなるデータ管理基盤には、グローバルで実績のあるHitachi Vantara社のオブジェクトストレージを採用。
強固なセキュリティ、データ保護、コンプライアンス対応機能を搭載し、お客さまの重要なデータを長期にわたり安心して保管することができます。

(2)日立の高品質な導入・構築サービスでバックアップ環境の迅速な移行とリスクを低減

日立がミッションクリティカルなストレージやサーバ分野で培ったノウハウを活用した高品質な導入・構築サービスを活用することで、既存のテープやサイロ化されたバックアップ環境から新たなバックアップ環境への迅速な移行と移行に伴うリスクの低減にお役立ちします。

(3)日立の専門エンジニアによるワンストップサポートで迅速な問題解決を支援

日立サポート360のワンストップ窓口で問い合わせ受け付け、日立の専門エンジニアが問題の切り分けを行い、必要に応じてベンダへの問い合わせまで行います。このため、お客さま自身で問題を切り分ける手間を省くことができ、より迅速な問題解決が可能となります。

適用イメージ

バックアップ集約

データの増加に伴うストレージの増設、バックアップ管理などの運用負荷/管理コストを集約により解決。

適用イメージ