ページの本文へ

Hitachi

日立ストレージソリューション

汎用x86サーバーの活用

データ格納領域として専用のストレージハードウェアを準備する必要はなく、汎用x86サーバーでストレージ基盤を構成します。数台の汎用x86サーバーを用いて小規模な構成を組むことで、初期導入費を抑えて利用を開始することができます。また、同機種の汎用x86サーバーでシステム全体を統一した構成をとることで、最適化されたコストでの導入・運用が期待できます。

柔軟なスケールアウト

汎用x86サーバーを追加することで、ストレージの容量と性能を同時にスケールアウトしていくことができます。ストレージに対する要件が明確になっていない場合でも、必要に応じてスケールアウトできるので、業務で生成されたデータを分析・検証したり、トライ&エラーの繰り返しによって新たなシステムを立ち上げるなど、柔軟性・俊敏性が求められるDX推進業務での利用に適しています。

柔軟なスケールアウト

業務を止めないハードウェア交換

ハードウェアを交換するために、業務を停止する必要はありません。ハードウェアを順に交換することで、システムを継続稼働させることができます。保守期限切れに伴う老朽化対策では、業務停止を考慮したスケジュール調整や方式検討など移行計画の立案は不要で、運用負担を軽減することができます。

簡単な運用操作

ストレージの専門知識がなくても直感的に操作できるユーザーインタフェース仕様により、管理・運用習得の負荷を軽減します。また、Hitachi Virtual Storage Platform シリーズの管理画面と Look&Feel が統一された操作仕様により、ストレージ製品全体で統一された操作性を提供します。

簡単な運用操作