ページの本文へ

Hitachi

日立ストレージソリューション

容量効率と性能を両立

日立独自のデータ保護技術である Hitachi Polyphase Erasure Coding*1 を採用。通常のミラーリング構成に比べ、実効容量を多く確保してデータ保護するので、安全に効率よく、データを保持することができます。また、高速リード処理により、大規模データの利活用を加速します。

日立独自のデータ保護技術

*1
Hitachi Polyphase Erasure Coding(HPEC)は、ユーザーデータの格納先とは異なる1つ以上のストレージノードにデータ復元用の符号を格納しておく日立独自のErasure Codingによるデータ保護技術です。

高い可用性によるデータアクセスの継続

データ保護技術として、2パリティ構成をサポート。ノードの二重障害時も稼働を継続し、高可用性のあるシステムを実現します。さらに、Hitachi Virtual Storage Software は、日立が長年にわたり培ってきたストレージシステムの高可用技術を継承しており、分析・検証・システム開発などのDX推進業務に安心のあるストレージ基盤を提供します。