ページの本文へ

Hitachi

オンプレミスの力を生かしながら踏み出す、クラウド活用の第一歩 ハイブリッドクラウドソリューション EverFlex From Hitachi

DX(デジタルトランスフォーメーション)を進める上で欠かせない、クラウドの活用。そこで立ちはだかるのが、ビジネス環境の変化への即応性=アジリティの向上、大切なデータを守るためのセキュリティの確保、そしてIT基盤の構築・運用にかかるコストといった3つの課題です。これらをクリアするために有効なアプローチが、オンプレミスとクラウドを適材適所で活用する「ハイブリッドクラウド」です。

そこで力を発揮するのが、ITインフラに関する豊富なノウハウに独自の仮想化技術を加えた、ハイブリッドクラウドソリューション EverFlex from Hitachi。オンプレミスとクラウドにまたがるさまざまなITシステム環境において「導入しやすい価格体系」「フレキシブルな利用」「手間のかからない運用」を実現することで、予測困難なビジネス環境の変化に即応できるハイブリッドクラウド環境の構築・運用からDXの推進までをサポートします。

ハイブリッドクラウドソリューション EverFlex from Hitachi

アジリティを高め、セキュリティを確保し、コストを最適化。DX推進を支えるハイブリッドクラウドを実現します。

あらゆるデータの利活用により、独自性の高いサービスをタイムリーに市場に提供することがビジネスに求められています。日立が培ってきたデータ管理・運用技術をクラウドに適用したEverFlex from Hitachiなら、機密性の観点から利用範囲が限られていたデータでも、ハイブリッドクラウド環境で安全・安心に利活用できるようになります。

まず、ストレージ仮想化機能の適用範囲をクラウドまで拡張し、クラウドとの安全・安心かつ迅速なデータ連携を実現。オンプレミスとクラウドに分散するデータの横断的な管理・運用を可能にするとともに、必要なときに、必要な場所に、すぐにデータを準備できる可用性・可搬性の高いデータ連携基盤の構築を可能にし、IT基盤のアジリティを向上させます。また、グローバルで多くの基幹システムを支えてきた日立のストレージ仮想化技術により、セキュアな運用を実現。さらに、お客さまの利用形態に応じた適切な価格体系での提供により、コスト最適化に貢献します。EverFlex from Hitachiが、お客さまのDX推進を支えるハイブリッドクラウドを実現します。

  • 導入しやすい価格体系 IT基盤の“所有”から“利用”へ。利用に応じたお支払いを。
  • フレキシブルな利用 お客さま自身で自由に選択。必要なときに、必要なモノを。
  • 手間のかからない運用 負担を感じている運用にメスを。運用課題“ゼロ”へ。

既存ストレージの強化やクラウド移行のお悩みに、EverFlex from Hitachi がおこたえします。

社外に出すことが難しいデータの利活用をご検討中のお客さま DX推進に必要な基幹システムのクラウド化をご検討中のお客さま オンプレミスとクラウドの併用でIT基盤の最適な形をご検討中のお客さま

次世代のクラウド基盤を支える。高効率・高信頼フラッシュストレージ Hitachi Virtual Storage Platform

日立が培ってきた高信頼技術を継承しながらアーキテクチャを見直し、即応性と柔軟性を強化した、これからのエンタープライズシステムのためのフラッシュストレージ Hitachi Virtual Storage Platform 5200, 5600, 5200H, 5600H。ハイブリッドクラウド環境における大量データ処理を迅速に行うためレスポンス性能を強化したことで、低レイテンシーが求められるリアルタイム分析など多様な用途のワークロードに適したストレージです。また、将来の最新機種へのストレージ更改では、メディアを無停止のまま次世代コントローラへのリフレッシュが可能となるため、常に最新の機能と性能を長きにわたり利用可能。データ移行が不要になることでビジネス機会の損失を低減できると同時に、資源の有効活用により環境への負荷も低減できます。

*
ドライブは寿命期間を超えた時点でリプレースをお願いします。将来のエンハンスなどで仕様が変更される可能性があります。

フラッシュストレージ Hitachi Virtual Storage Platform 5200, 5600, 5200H, 5600H

シンプルな運用と、優れた拡張性・信頼性。ソフトウェア・デファインド・ストレージ Hitachi Virtual Storage Software for block

Hitachi Virtual Storage Software for block は、複数の汎用x86サーバから1つの仮想的なストレージシステムを構築し、機能させるソフトウェア・デファインド・ストレージ(SDS)製品です。SDSならではの優れたスケーラビリティに日立独自のデータ保護技術を加え、導入・運用の手軽さと安全・安心を両立。日立ストレージとの親和性も高く、共通の管理基盤で運用できるため、複数拠点に分散しているデータの柔軟な連携が可能です。柔軟性・俊敏性が求められるDX時代の大規模データ利活用を支えるストレージ基盤として、お客さまの次世代ビジネスを支援します。

Hitachi Virtual Storage Software for block

クラウドの手軽さでITインフラを活用。日立従量課金型データ基盤ソリューション

ビジネス向けパブリッククラウドストレージと同等の低コストで利用可能なプライベートクラウド環境のデータ基盤を、最短1週間で導入できます。現在、このソリューションを最大半年間、無償で提供するキャンペーンを展開中。ビジネス環境の変化に追随できるデータ基盤を提供することで、お客さまのDXを加速し、企業競争力の強化に貢献します。

*
2020年11月時点 日立調べ。

クラウドとオンプレの良いとこ取り!「EverFlex from Hitachi 日立従量課金型データ基盤ソリューション」

【3分でわかる!紹介動画】クラウドとオンプレの良いとこ取り!「EverFlex from Hitachi 日立従量課金型データ基盤ソリューション」

関連リンク

EverFlexは、Hitachi Vanatara LLCの商標または登録商標です。
その他記載の製品名、会社名は、各社の商標または登録商標です。