ページの本文へ

Hitachi

社会情報システム

多言語による双方向の自動案内で、空港・駅利用者の利便性を向上します。

インタラクティブデジタルサイネージ 概要

空港事業者や鉄道・バスなどの交通事業者には、増加する訪日外国人に対応した案内サービスの拡充が求められています。当社は、AIを活用した音声認識、言語自動判定により、多言語で自動応答する次世代双方向型デジタルサイネージを提供。お客さまの利便性向上を実現します。

インタラクティブデジタルサイネージ 特長

AIを活用した音声認識と言語自動判断で利便性を向上

  • 画面タッチのほか、音声入力やテレビ電話による案内スタッフとの通話も可能。検索結果の印刷もできるため、お客さまの利便性が向上します。
  • 入力された発話音声から発話意図となるキーワードを抽出・分析。発話意図を予測して迅速な情報提供を実現します。

インタラクティブデジタルサイネージ特長

インタラクティブデジタルサイネージ 課題

訪日外国人の増加に対応した案内サービスを拡充したい

  • 空港、駅構内の施設情報や地図情報を多言語対応したい。
  • フライト情報や交通アクセスなど、利用者のニーズに合わせてタイムリーに情報提供したい。

インタラクティブデジタルサイネージ 解決策

多言語対応による旅客案内サービスの実現

  • 多言語に対応した双方向型デジタルサイネージにより、簡単な画面タッチ操作で、フライト情報や館内施設、交通アクセスといった訪日外国人が必要とする情報をスムーズに提供します。
  • 旅客が必要とする情報は、言語、時間帯、場所、性別などをキーにデータベース化しているため、迅速な情報提供と情報の精度向上が可能です。

インタラクティブデジタルサイネージ 成果

多言語対応による案内サービスで、空港や鉄道・バスを利用されるお客さまの利便性を向上

お問い合わせ

関連リンク