ページの本文へ

Hitachi

社会情報システム

お客さま自身が「ひとりで」「正確に」「安心して」目的地にたどり着くことができるよう支援します。

概要

お客さまが本来知りたかったことは、駅まで/駅からのルートだけでなく、出発地から目的地までの1本のルート。
統合経路検索システムでは駅から駅への経路検索、駅内ルートの可視化・案内、屋外地図情報サービス連携による駅出口から目的地までの一本道をストレスなくシームレスにたどる移動体験を提供します。


統合経路検索システムの特徴


特長

お客さま自身が「ひとりで」「正確に」「安心して」目的地にたどり着くことができるように支援します。
屋外同様、駅内でもお客さま自身が自発的に行動できるよう、適切なタイミングで適切な情報を提示します。
道に迷ったお客さまに情報を提示することで、駅係員の問い合わせ対応業務負荷も軽減します。


統合経路検索システムのアプローチ


機能

目的地の入力

  • チャット形式で目的地を入力
  • 目的地に向かう際に屋内経路検索技術を使用し最寄り出口を検索・提示

出口へのナビゲーション

  • 改札から出口までの経路を表示
  • 出口までの所要時間と距離を表示
  • 現在地を検知し、進む方向や残りの所要時間・距離をリアルタイム表示

全体ルート表示

  • 必要に応じて出口までのルートの全体像や駅構内図を表示

歩きスマホ防止

  • お客さまの安全に配慮し、曲がり角に近づいた際、誤ったルート歩行時にはバイブレーションによって通知

お問い合わせ

関連リンク