ページの本文へ

Hitachi

社会情報システム

位置情報/スマートフォンを使用したシームレスな移動の実現。
乗客の移動データを活用した、新ソリューションの展開。

概要

世界の各都市で様々なチケッティングシステムが存在しますが、これまでのトレンドは目的地までのチケットを事前購入したり、プリペイドカードなど事前に必要な金額をチャージする、ストアードフェア型のチケッティングが主流でした。昨今、ICT技術の活用により、交通手段による移動を1つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぎ、利用者に直接的な価値を提供するMaaS*1が世界中で注目されています。
日立では、日本で培ったさまざまな交通システムのノウハウと、このMaaSのトレンドを融合させ、世界の都市や交通局に汎用的に適用できるデジタルチケッティングシステムを開発しました。
本システムは、クレジットカード等の非接触ICカード媒体やスマートフォンを活用したチケットアプリに対応して列車やバス、トラムなどの公共交通機関への乗車が可能となり、マルチモード、マルチオペレータのスムーズな移動を実現します。また、移動実績から最適な運賃を算出するポストペイ型の機能をサービスで提供することが可能となります。この技術を応用し、スマートフォンなどの乗客のデバイスと駅舎や車両に設置した無線装置(ビーコン)とモバイルアプリで検知した乗客の位置情報から旅程や運賃を計算するBe-in/Be-outを適用できます。これにより、鉄道事業者は券売機や改札などの駅務機器を削減することが可能です。さらに、蓄積された乗客の移動データを活用し、計画ダイヤの作成やさらには飲食やレジャーなど交通事業を超えたビジネスの展開も可能となります。

*1 MaaS:Mobility as a Service

デジタルチケッティングシステムの特徴


特長

本システムの導入により
 ・改札機や券売機などの駅務機器のアセットを最小限に抑える、もしくは完全にアセットレスにすることが
  可能となります。
 ・周辺環境やビジネス状況の変化に柔軟に対応できるようクラウド上での稼働を前提としておりますため、
  フレキシブルにサーバー機能などを増強することが可能となります。
 ・将来的には他の交通サービスとの連携や、乗客の移動データなどを活用し非交通系サービスと融合すること
  で事業を拡大することを可能とします。


お知らせ

お問い合わせ

関連リンク