ページの本文へ

Hitachi

社会情報システム

CURSUS-VPP メイン画像

低炭素社会の実現、都市レジリエンス強化などのニーズを背景に、再生可能エネルギーなどの分散電源、エネルギーマネジメントの普及が進んできています。電力自由化により、これらエネルギー機器を活用した新たなエネルギー分野の創出が進んできています。
CURSUS-VPPは、これらエネルギー機器を活用するアグリゲーターへ、DRイベント自動処理や市場取引業務支援、要請値経済性配分、見える化、支援サービスなどで、多様化するVPP事業を効率よく実現するトータルソリューションを提供します。

CURSUS-VPPの特長

柔軟で統合的なエネルギー機器のアグリゲーション機能

CURSUS-VPP 機能図

OpenADR2.0a/b通信プロトコルをベースとしたDR自動イベント処理により、複数のエネルギー機器に対しイベント割当及びレポート送受信、集計処理を行い、あたかも一つの仮想発電機(VPP)を実現します。
メールによるイベント通知とメーター応動状況の画面、ベースライン演算 ※1を備えており、手動操作機器の参加も可能です。

取引業務支援ツール群により需給調整市場の業務を効率化

CURSUS-VPP 業務効率化の図

事前審査用資料の管理や、需要家リストパターンの設定、入札時の供出可能量集計、価格分析、実績把握など市場取引業務にはシステム連携がかかせません。業務支援ツールは需給調整市場取引 ※2を効率よく支援します。



最経済性を支援する予測ツール

経済性・効率化の追求に予測技術は重要なファクターです。機械学習、クラスタリングなど複数の予測エンジンをサポートした予測ツールで、取引価格や需要量などの予測向上や経済性DRなどの運用を実現します。


スタートを支援するサービスメニュー

デモ機を使って標準業務フローに沿った操作トレーニング、アグリゲーション後の機器応動をシミュレーションにて評価できるなど、アグリゲーター事業の立上げに向けたサービスメニューを整備しています。


柔軟なリソースとのインターフェース

OpenADR2.0a/b以外にVEN用API、ファイル形式 ※3などが利用可能で、サーバーやPLCへ幅広い通信を提供します。また、オフラインによる手動操作機器には、スマートメーターのBルートサービス連携機能を備えており、手動操作による実績を自動管理が可能で、幅広いエネルギー機器に対してアグリゲーターの自動DRを実現します。


CURSUS-VPPの機能構成

CURSUS-VPPの機能構成図


製品体系

製品体系
製品名 概要
基本製品 共通業務基盤(DRAS)
CURSUS-VPP
DRイベント対応やアグリゲーション(VPP)を行うための基本
製品
OpenADR2.0bベースとした簡易指令やリソースとの通信、DRイベント処理、アグリゲーション管理機能などVPP機能を提供
オプション 需給調整市場
業務支援ツール
AC事業者の需給調整市場取引業務 ※2の効率化ツール
需要家パターン設定、電源データー収集、供出可能量集計、実績量出力など市場取引業務をシステム連携機能で効率化
VEN用API RA事業者やEMS向けのOpenADR通信用API
BルートサービスAPI 他社スマートメーターマネージドサービスとシステム連携をするためのオプション機能 ※3
価格予測
(発売時期未定)
JEPXの価格を予測するツール
需要予測
(発売時期未定)
重回帰分析やクラスタリングなど複数の予測エンジンにより需要予測するツール
サービス
メニュー
操作トレーニング デモ機を使った操作トレーニング
応動シミュレーション
評価
リソースの応動実績を元にシミュレーション評価
SaaS
サービス
VTNサービス 試験用にDRイベントを発行させるクラウドサービス
ACサービス AC事業者向けのクラウドサービス
AC/RA EVサービス ※4 EVを対象とした実験用クラウド環境提供サービス

注意事項:製品の改良により、予告なく記載している仕様が変更になることがあります。

※1 ベースラインの予測はHi4of5となります。その他の予測方法はオプションの需要予測を活用ください。
※2 掲載時は3次調整力Aの対応となります。その他の調整力市場については問合せ下さい。
※3 対応メーカーについては問合せ下さい。
※4 ECHONET Lite規格によるEVPCSが制御対象となります。対応メーカーについては問合せ下さい。


DRAS:Demand Response Automation Server
DR: Demand Response
EVPCS:Electric Vehicle Power Conditioning System
AC: Aggregation Coordinator
RA: Resource Aggregator
EV: Electric Vehicle
SaaS: Software as a Service
VTN: Virtual Top Node
VEN: Virtual End Node
API: Application Programing Interface
EMS: Energy Management System
OpenADR: OpenADRアライアンスの規定する通信プロトコル

お問い合わせ

関連リンク