本文へジャンプ

Hitachi

日立アドバンストサーバ HA8500/9000Vシリーズ

PCI-Express テクノロジ

汎用的な拡張バスアーキテクチャであるPCIバスはパワフルさを増し続けるCPUとI/Oデバイス間を行き来するデータトラフィックのI/O帯域幅需要を満たすというプレッシャーが常にかかっています。
PCI規格は、PCI-Xの導入などパフォーマンスを上げる一方で下位互換性を維持することにより、CPUとI/Oデバイスのニーズを継続的に満たしてきました。
しかし、より広帯域化を要求するファイバチャネルや10Gbイーサネットが一般的になると既存のパラレルバスアーキテクチャでは帯域幅の限界が見えるようになってきました。

PCI-Expressは、2002年登場したシリアルバスアーキテクチャを採用した広帯域をサポートする新しいI/O規格でありながら、ソフトウェアレイヤにおいて従来のPCIバスとの互換性を確保したI/O拡張バスで、すでに多くのサーバに搭載されています。

本書では、PCI-Expressの特長および継続的に行われている開発に関して下記の項目をご紹介します。

  • 従来のパラレルバスアーキテクチャとの比較
  • PCI-Expressの特長
    • パフォーマンス
    • 互換性
    • フォームファクタ
    • 相互運用性
  • PCI-Express移行戦略

詳しくは、こちらの技術文書(PDF)をご覧ください。