本文へジャンプ

Hitachi

日立アドバンストサーバ HA8500/9000Vシリーズ

テクノロジーコラム第3回「いまさら聞けない基礎知識〜インストール編〜」ではパッチのインストール方法について説明しました。少数のパッチをインストールする上では、この方法で不便はありません。しかし、インストールするパッチの数が増えるのと比例し、インストール作業時間も大幅に増えてしまいます。
そこで、今回は複数のパッチを一度にインストールすることで作業時間を短縮する方法についてご紹介します。

パッチをインストールするには・・・

HP-UXを使い始めてくると、特にシステム管理などを行ったときには必ず必要な業務にパッチのインストール作業が発生してくると思います。通常は必要なパッチをWebで検索してダウンロードしてインストールという手順を踏みます。実際のインストール作業は次のようになります。

パッチ PHSS_8375 をインストールする例を以下に示します。

  1. PHSS_8375 をダウンロードして、 2つのファイル PHSS_8375.depot とPHSS_8375.text を解凍します。
  2. 非対話形式でパッチをインストールします。
swinstall -x autoreboot=true -x match_client=true \
-s /PHSS_8375.depot

パッチの数が少ない場合、上記の手順で1つずつインストールすればいいのですが、多くのパッチをインストールする場合、この手順では時間と手間がかかります。特に再起動が必要なパッチがあると、非常に長い時間を要することになります。

複数のパッチをインストールするときは“デポ化”しよう

複数のパッチを一度にインストールするときは、対象パッチを一度デポ化してからインストールをすると、ほとんどの場合、一度のインストール作業で完了できます。

デポの概念

デポは、SD-UX コマンドで使用できるように特別にフォーマット化され、パッチだけでなくソフトウェアプロダクトを保存しておくために使用されるディレクトリです。デポは、swcopy および swpackage を使用して作成します。swcopy では、ソフトウェアを物理メディアからデポに直接コピーします。swpackage では、デポにソフトウェアパッケージを作成します。

また、デポがネットワーク上のシステムに存在する場合、デポのあるサーバがソフトウェアプロダクトのソースになれます。ネットワーク上の他のサーバは、デポのあるサーバからソフトウェアプロダクトをインストールできます。このときネットワークにあるデポは、ネットワークデポと呼ばれます。

ネットワークデポは、メディアから直接インストールすることに比べて、以下のような利点があります。

  1. ネットワークを通じて複数システムにソフトウェアをインストールできるため、複数ユーザーにメディアを輸送する必要がありません。
  2. 複数のソフトウェアプロダクトを複数のデポやサーバから取り込んで、1つのデポにすることができます。

デポのタイプ

デポは、特定のメディアフォーマットにあわせて構成されたサブディレクトリとファイルセットの階層を持ちます。
デポにはディレクトリタイプとテープタイプの 2 種類があります。

ディレクトリデポ
ディレクトリデポでは、SD-UX が特別に管理するディレクトリにソフトウェアが格納されています (通常は /var/spool/sw)。
テープデポ
テープ(シリアル)デポは、システム装置内でディレクトリデポが作成できない場合や、ネットワーク経由でインストールできない環境時に利点があります。
テープデポは、swpackage でのみ作成できます。(ソフトウェアを直接テープにコピーするために、swcopy を使うことはできません。)

ディレクトリデポ化の手順

では実際にデポ化をしてみます。
まずインストールするパッチをいくつか準備します。パッチは解凍をしておき1つのディレクトリに格納しておきます。
ここではデポ化するパッチの格納ディレクトリ名を” /gear/fibre ”とします。
“swcopy”を実行させると以下のGUI画面になります。

(1)#swcopy

+------------------------------------------------------------------------------+
| ===                SD Copy - Software Selection (t600) (1)                   |
|File View Options Actions                                                Help |
|                       Press CTRL-K for keyboard help.                        |
|Source: localhost:/var/spool/sw                                               |
|Target:                                                                       |
|                                                                              |
|All software is available for selection.                                      |
+------------------------------------------------------------------------------+
|Top (Bul                Select Target Depot Path (t600)               |       |
+       +--------------------------------------------------------------+       |
|       | Target Host: t600                                            |       |
|+------+ [ Target Depot Path... ] /                         +-------|
||      +--------------------------------------------------------------+       |
||      | [[ OK   ]]               [ Cancel ]               [  Help  ] |       |
||      +--------------------------------------------------------------+       |
||                                                                             |
||                                                                             |
||                                                                             |
||                                                                             |
||                                                                             |
||                                                                             |
|+-----------------------------------------------------------------------------+
|                                                                              |
+------------------------------------------------------------------------------+

(2)[target depot path]にパッチをデポ化するディレクトリ名を指定します。
ここでは” /var/spool/sw”とします。

(3)[Source Depot Path]にまとめたいパッチのパスを指定します。
ディレクトリは先ほど定義した”/gear/fibre”ですので、この中にあるパッチのうち
例えば”PHKL_14426.depot”であれば“/gear/fibre/PHKL_14426.depot”となります。

+------------------------------------------------------------------------------+
| ===                SD Copy - Software Selection (t600) (1)                   |
|File View Options Actions                                                Help |
|                       Press CTRL-K for keyboard help.                        |
|Source: localhost:/var/spool/sw                                               |
|Target:                                                                       |
|   +----------------- Specify Source (t600) ------------------------------+   |
|All|                                                                      |   |
+---+ Specify the source type, then host name, then path on that host.     +---+
|Top|                                                                      |   |
+---+ Source Depot Type:  [ Local Directory          ->]                   +---+
|   |                                                                      |   |
|   | [  Source Host Name... ] t600                                        |   |
|   |                                                                      |   |
|   | [ Source Depot Path... ] /gear/fibre/PHKL_14426.depot                |   |
|   |                                                                      |   |
|   | [ Software Filter... ] None                                          |   |
|   +----------------------------------------------------------------------+   |
|   | [   OK   ]                   [ Cancel ]                   [  Help  ] |   |
|   +----------------------------------------------------------------------+   |
|                                                                              |
+------------------------------------------------------------------------------+

(4)copyを選択します。

+------------------------------------------------------------------------------+
| ===                SD Copy - Software Selection (t600) (1)                   |
|File View Options Actions +-------------------------+                    Help |
|                  | Open Item                       |                         |
|Source: t600:/var/+---------------------------------+                         |
|Target:  t600:/var| Change Source...                |                         |
|                  | Add New Codeword                |                         |
|All software on th+---------------------------------+                         |
+------------------+ Change Target...                |                         |
|Top (Bundles and P+---------------------------------+                         |
+------------------+ Copy (analysis) ...           |                           |
|  Marked?    Name | =============================== |                         |
+------------------+ Show Description Of Software... |                         |
|             PHKL_| Mark For Copy  m                |                         |
|                  | Unmark For Copy  u              |                         |
|                  +---------------------------------+                         |
|                                                                              |
+------------------------------------------------------------------------------+

(5)後は画面指示に従って実行すればデポ化が完了します。
これを必要なパッチ分だけ実行することで複数パッチのデポ化ができます。

2ページ中1ページ