ページの本文へ

Hitachi

Lumada Manufacturing Insights

製造現場の可視化により、
カイゼンの加速と生産性の向上を支援

Lumada Manufacturing Insights

Lumada Manufacturing Insightsとは

Lumada Manufacturing Insightsは、製造現場の生産性と品質の向上を支援するデジタルソリューションです。

製造現場の4Mデータ(huMan, Machine, Material, Method)を収集して、生産プロセスを可視化。具体的で効果的なカイゼン施策の立案や、生産性と品質の向上を支援します。

こんなお悩みありませんか?

  • 現場に頻繁に行けないため、問題発生時の指示出しが遅れてしまう
  • 生産性を上げたいが、どの工程にボトルネックがあるか分からない
  • 設備の不具合が何度も起きていて、稼働率が上がらない
  • 作業実態の把握や施策効果の検証に人手と時間がかかり、カイゼン活動が進まない
  • 収集したデータを工数低減や納期短縮に生かせていない

Lumada Manufacturing Insightsの特長

工場KPI*
リアルタイムに把握できます

生産数やリードタイムなどの工場KPIを可視化。
最新情報に基づいた経営判断やタイムリーな指示が可能になります。

*
KPI:Key Performance Indicator(重要業績評価指標)

工場KPIをリアルタイムに把握するイメージ

ボトルネックの原因を特定して
生産性を改善できます

ドリルダウン分析によって、なぜ生産性が悪化したのか、原因調査が可能。
迅速かつ的確な初動対応が可能になり、問題の長期化を防止できます。

ボトルネックの原因を特定して生産性を改善するイメージ

離れた場所から
工程全体の進捗を確認できます

現場に出向かなくても、出張先や自宅など遠隔から、各工程の進捗や製造現場の稼働状況を確認可能。状況を正確に共有できるため、急なトラブルで熟練者や班長などに指示を仰ぎたい場合にも役立ちます。

離れた場所から工程全体の進捗を確認イメージ

Lumada Manufacturing Insightsで
製造現場を見える化

人手や時間をかけずに生産ボトルネックや施策効果を定量的に把握。
取り組むべき課題の優先順位がつけやすくなり、実りあるカイゼン活動を推進できます。

詳しく見る

Lumada Manufacturing Insights なら、
導入が容易です

初期投資を抑えながら、迅速にシステムを導入できます。

製造データを簡単に収集

大規模なシステム開発や工事を行わなくても、作業員、設備、部材、工程のデータを収集できます。

サブスクリプション型

利用開始時の初期費用を抑えられます。

スモールスタート

ラインの一部から導入し、効果を検証しながら工場全体に拡張していくことができます。

Topics & News

2021年7月29日

お知らせ

  • Lumada Manufacturing Insights サイトを公開しました。
  • * 製品の仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。