ページの本文へ

Hitachi

Lumada Manufacturing Insights

デジタル技術を用いて製造現場のモノやヒトのデータを収集し、生産プロセスを可視化。
工場全体の現状把握と問題特定が容易になり、生産性や品質向上に向けたカイゼン活動を加速できます。

Lumada Manufacturing Insightsのコンセプト図

機能

製造現場の QCD(品質、コスト、納期)改善をサポートします。

工場KPI*1監視

KPIの達成状況や生産進捗を工場や生産ラインごとにチェックし、適正に稼働しているかを確認できます。

  • 生産予実(生産高)
  • 生産性(生産予定遵守率、べき動率、不良率)
  • 設備稼働率(OEE*2、時間稼働率、性能稼働率、良品率)
*1
KPI:Key Performance Indicator(重要業績評価指標)
*2
OEE:Overall Equipment Effectiveness(設備総合効率)

生産性分析

いつ、どの工程で、どのような条件で生産性が悪化したのかを4M*3の観点で可視化。ライン全体での生産の流れや、工程間での作業時間のバランスを分析できるため、真のボトルネックを突き止め、最適化に向けたカイゼン施策を立案できます。また、実績データの収集・集計が自動化されるため、カイゼン効果の測定も容易になります。

  • 生産性(生産予定遵守率、べき動率、不良率)
  • 生産状況(仕掛品や部品の滞留時間、製造リードタイム)
  • 生産ボトルネック(各工程の着完時刻と、作業員・設備・部材の状態)
*3
4M:huMan(作業員)、Machine(設備)、Material(部材)、Method(指図)

設備稼働分析 *4

設備ごとの稼働状況を一元的に可視化。現在の稼働状況を把握し、問題が起きた際に、迅速に問題箇所を特定できます。また、稼働データが蓄積されることで、突発停止の頻度や時間の分析が可能になり、保守・点検の計画立案に活用できます。

  • 設備稼働率(OEE、時間稼働率、性能稼働率、良品率)
  • サイクルタイム
  • 設備停止要因(パレート図、設備アラート履歴)
  • センサー値
*4
今後リリース予定

システム構成例

Lumada Manufacturing Insightsでは、PLCやERP、MES、2次元コードなどを介して収集された製造現場の4Mデータを可視化します。

システム構成例の図

  • * 製品の仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。

接続検証済みの製品

現場データを収集するエッジ、収集したデータをLumada Manufacturing Insightsに入力するゲートウェイ製品との接続を検証済みです。

株式会社 日立産機システム

HXシリーズ

HXシリーズ

自動機械・生産設備の中核制御にとどまらず、現場データの収集、IoTプラットフォーム接続、見える&使えるかたちへのデータ加工、製造業現場のエッジコンピューティングなど産業IoTソリューションに柔軟に対応します。

一般社団法人Edgecrossコンソーシアム

一般社団法人Edgecrossコンソーシアム認定 ロゴ

Edgecross

企業・産業の枠を超え、コンソーシアム会員がともに構築し、FAとITとの協調を実現するオープンな日本発のエッジコンピューティング領域のソフトウェアプラットフォームです。

*
Edgecrossは、一般社団法人Edgecrossコンソーシアムの登録商標です。

株式会社デンソーウェーブ

株式会社デンソーウェーブ ロゴ

IoT Data Share ロゴ

IoT Data Share

プログラムレスでさまざまな機器と接続し、データの収集・加工・保存・通知・公開に特化した機能を提供する「データ統合ソフトウェア」です。機器からデータを収集して加工や保存を行い、それらのデータをFTPサーバーへ通知したり、OPCサーバーやクラウドへ公開することができます。標準プロトコルやフィールドネットワークにも対応し、数多くの機器と接続ができます。

IoT Data Server ロゴ

IoT Data Server

信頼性の高い産業用PCに、データを収集するソフトウェアをプレインストールした「データ統合コントローラ」です。データの収集・加工・保存・通知・公開に特化したデータ管理機能やダッシュボード機能、セキュリティ機能を標準搭載しています。標準プロトコルやフィールドネットワークにも対応し、数多くの機器と接続ができます。

*
IoT Data Shareは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

株式会社たけびし

株式会社たけびし ロゴ

株式会社たけび 製品

デバイスゲートウェイ

デバイスゲートウェイは、オンプレミスの設備/機器にアクセスし、IoTサービスとの情報の橋渡しをするユニットです。
製造業やビル管理システム等で用いられる170機種以上の制御/監視機器との接続性を備えています。
簡単な設定のみで動作するため、プログラミングを必要とせず、開発コストの削減と短期間でのシステム構築を実現します。

*
デバイスゲートウェイは、株式会社たけびしの登録商標です。