ページの本文へ

Hitachi

日立のIT情報誌・Webマガジン・SNS

Vol.23 [2018年9月発行]

【地球巡礼】野町和嘉の見た世界(5) モロッコ

中世要塞都市見聞記
モザイク文明の光を紹介するフォトストーリー

【対談】武田双雲(書道家)

「書」とITのコラボで、世界に「感謝と幸福」を伝える
IT、働き方改革や日々の心構えなど、武田双雲さんが幅広い知的好奇心で語る

【REAL INNOVATION】対談

「好き嫌い」とハピネス【ダイジェスト版】
経営学者・楠木建氏と日立の矢野和男が、働き方の好き嫌いや組織のハピネスについて語る

【寄稿】おもてなし時代絵巻(2)

奇抜なサプライズで愉しませるのが信長流
織田信長の長けた「おもてなし術」を紹介

【Interview】世紀を超えて旬・人

アーティストの「格闘」そのものが同時代のアートになる
現代アーティストとして世界で活躍する小松美羽さんにインタビュー

【アルティザンの魂(5)】チーズ職人・吉田全作

チーズ農家、幸福なものづくり
岡山県の牧場で、牛を育て、乳を搾り、チーズをつくる職人を紹介

編集後記

「心のメッセージ」
秋の雲に問いかけてみてはいかがでしょう。

 表紙の高部多恵子さんの作品の題名は、「sound of autumn-1」。秋の色彩は華やかでありながら、どこか淋しい色合いもにじませています。わたしは、カラマツ林を吹き抜ける高原の風の音を聴いたような気がしました。読者のみなさんは、この1枚の版画作品から、どのような映像を思い浮かべたことでしょう。
 今号のアルティザンのページでご紹介した吉田牧場。吉田さんは、イタリア外交官からチーズの製法を学び、現在は、フランスから近所に引っ越してきたワイン醸造家の指導のもと、ワインづくりにも挑戦されているのだとか。
 ものづくりに真剣に向き合っていると、惜しみないサポートをしてくれる人が次々とそばに現れます。そんな不思議な縁が人生を豊かにしてくれることを、吉田さんの生き方は教えてくれます。
 武田双雲さんは感謝の心で、人は笑顔で生きられる。小松美羽さんは目に見えるものだけがすべてではなく、心の眼をもてば世界はもっと広がると言います。
 そんなおふたりのお話から「幸せのありかは自分の心の内にある」、そんな思いを抱きました。せわしない日々の生活の中で見失いかけている「幸せのカタチ」と「心のありか」
 秋の日の音に耳を澄ませながら、自分の心に問いかけてみては?
 いま心は何色ですか。何が見えていますか。聞こえていますか......。


Realitas [レアリタス]に関するお問い合わせ

Realitas [レアリタス]に関するお問い合わせは、下記リンク先からお願いします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Acrobat Readerが必要です。
  • * 記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標、または登録商標です。