ページの本文へ

Hitachi

日立のIT情報誌・Webマガジン・SNS

Vol.21 [2018年1月発行]

【辺境の息吹】野町和嘉の見た世界(3) ガンジス

インドの心を育んだ大河
祈りの川であるガンジスの大河を紹介するフォトストーリー

【対談】矢野直美(文筆・写真家)

魅力いっぱい―。「鉄子」がいざなう鉄道旅
矢野直美さんが鉄道にはまったきっかけや鉄道旅の奥深さなどを紹介

【REAL INNOVATION】デジタル×デザイン

デジタル×デザインでイノベーションを生む
デザイン思考にIoTや人工知能などを組み合わせた新たなイノベーションに挑む日立

【寄稿】歴史に見る交渉人のストラテジ−

タウンゼンド・ハリスの孤独な闘い。
アメリカと幕府との「日米修好通商条約」交渉をめぐる攻防を紹介

【Interview】世紀を超えて旬・人

異国の風や光をまとい胸にせまるギターの音色
クラシックギタリストの村治佳織さんにインタビュー

【アルティザンの魂(3)】青山工房 手植えブラシ製造・青山大輔

父子二代の手植え洋服ブラシ
埼玉県日高市にある青山工房で働く手植え洋服ブラシ職人を紹介

編集後記

「旅の時間にいつしか潜む 創造のインスピレーション」

 坂本龍一、武満徹、ヴィラ=ロボス、ロドリーゴと著名作曲家ゆかりの作品を収めた『村治佳織ベスト〜4COMPOSERS』は、聴きごたえがある。音楽家や愛する曲との出会いが作品となって昇華するとき、村治さんの奏でるメロディーは、聴衆の心をとらえて離さない。ギターの音色は、どこか哀愁をおびて、心地よく風のように通り過ぎていく。
 村治さんは、これまで外国暮らしや旅をたくさん経験されてきた。その土地の空気を吸い、土地の言葉の会話に耳を澄まし、出会った忘れえぬ人たちと過ごした時間が、つま弾く音の一つひとつに宝石のようにきらめいている。
 対談の矢野直美さんもまた旅に暮らしてきたひとりである。鉄道の旅をとおして、そこで知りあう人たちと交流し、土地の風習や隠れた名所や郷土食など、そこに行かなければ得られない体験を積み重ねてきた。矢野さんもそんな旅の時間を大事にしている。車の旅では見過ごしがちな地方の暮らしぶりを垣間見られるのも鉄道旅の魅力といえよう。
 鉄道旅には、その風景にあう音楽がきっとあるにちがいない。日本海に沈む夕日を車窓に見ながらの村治ワールドなら、映画音楽『ディア・ハンター』(カヴァティーナ)や『バグダッド・カフェ』(コーリング・ユー)などが思い浮かぶ。自分ひとりだけの「オリジナル旅曲集」をつくって旅に出るのも一興であろう。


Realitas [レアリタス]に関するお問い合わせ

Realitas [レアリタス]に関するお問い合わせは、下記リンク先からお願いします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Acrobat Readerが必要です。
  • * 記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標、または登録商標です。