ページの本文へ

Hitachi

Lumada

ショールーム

Lumadaを体感できる事業所・施設

大みか事業所

設計から製造まで、生産工程の全体最適化への
取り組みをご紹介しています。

大みか事業所は、交通・鉄鋼・上下水・産業などの社会インフラシステムの生産を担っており、多品種少量生産向け工場の生産改革を追求しています。
現在、設計・製造ノウハウを含む多種多様なシステムの情報をつなぎ、かつ現場を可視化することにより、部分最適から全体最適への改革を推進しています。

関連ユースケース

イメージ:日立製作所 大みか事業所

ご覧いただける内容
  • 80,000個のRFIDを活用した現場の可視化
  • 工場シミュレータによる作業ロスの分析
  • 3D作業ビューアによる組立方法のナビ など

横浜事業所

社員一人ひとりがイキイキと働き、生産性を高める
ワークスタイル変革の取り組みをご紹介しています

日立のソフトウェア開発の拠点である横浜事業所では、「人の能力を最大化する」をテーマに、ワークスタイル変革に取り組んでいます。
知識が融合し、アイデアが湧き出るオフィスレイアウトや、さまざまなデータを活用した快適なオフィス環境づくりなど推進しています。

関連ユースケース

イメージ:日立製作所 横浜事業所

ご覧いただける内容
  • ワークスタイル変革の取り組み
  • 発想を生み出す新しいオフィスデザイン
  • オフィスの快適性とエコの両立をめざした取り組み

神奈川事業所

部品入庫から製品出荷まで、IoTを活用した効率化と品質向上への取り組みをご紹介しています。

神奈川事業所は、ITプラットフォーム製品の生産拠点です。少品種大量生産向け生産改革を追求しています。
IoTを活用した場内部品物流の省人力化、ビッグデータやAIを活用したリードタイム短縮など、さまざまな現場改善活動を行っています。

関連ユースケース

イメージ:日立製作所 神奈川事業所

ご覧いただける内容
  • 自動倉庫+無人搬送車+RFIDカードによる部品のオンデマンド供給
  • 生産設備状態や生産進捗の見える化
  • 電子作業図面と作業支援システムによる組立のリードタイム短縮 など

Lumada Center
Southeast Asia

タイ、そしてASEAN地域における
デジタルイノベーションを推進します。

2018年9月、タイ王国(以下、タイ)政府が推進する″Thailand 4.0"実現への貢献に向けて、アマタシティ・チョンブリ工業団地内に開設。
日立は、Lumadaによりデータ分析やAIを活用し、タイにおける工場の生産性向上を支援します。また、Lumada Centerにおいて、政府機関サービスのデジタル化に向けた中心的な役割を果たし、持続可能かつ価値に基づく経済の実現をめざすタイ政府のビジョンをサポートしていきます。
さらに今後は、これらの成果を、ASEAN地域へと展開していく計画です。


ニュース&関連記事


イメージ:Lumada Center Southeast Asia

協創をサポートする施設と機能
  • IoTソリューションルーム:ビジネス最適化を実現する日立のOT×ITソリューションを体感
  • 協創ルーム:お客さまとともにビジネス課題を解決する新たな価値を創造
  • * ご利用・ご予約については、弊社営業にお問い合わせください。
    弊社営業への連絡先が不明な場合は、下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。
    事業所見学の際には、弊社営業を同行させていただくことが必須となります。予めご了承ください。