ページの本文へ

Hitachi

Lumada

要員計画最適化

AIによる最適な要員計画の自動立案で、計画担当者の負担を軽減します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-01200
  • 業種:業種共通
  • 目的・課題:生産計画・在庫管理,AI

製造現場では、作業者のスキルや稼働ラインの状況などさまざまな制約に従って、要員計画を立案する必要があり、計画担当者の負担増大と計画立案の属人化が問題となっています。日立では、過去の計画履歴データや制約条件などからAIが最適な要員計画を自動で立案。計画担当者の負担を軽減し、最適な計画立案を実現できます。

課題

要員計画の立案・修正作業に掛かる時間を短縮したい

  • 作業者のスキル、稼働ラインの状況などさまざまな制約を考慮する必要があり、要員計画の立案に多大な時間が掛かっている。計画担当者の負担を軽減したい。
  • 熟練者の経験と勘により要員計画を立案しており属人化しているため、経験の浅い担当者でも質の高い計画を立案できるようにしたい。

解決策

要員計画の自動立案で作業時間を大幅に短縮

AIを活用して、生産ラインの最適な要員計画を自動で立案。計画立案・修正に掛かる時間を短縮し、計画担当者の負荷を軽減します。
過去の計画履歴データを基に、熟練者の計画パターンを分析。最適化エンジンによる計画立案によって、最適な計画の出力が可能です。経験の浅い担当者でも質の高い要員計画を立案できます。

特長

熟練者のノウハウを考慮した質の高い要員計画を立案

  • 数理最適化技術とAIを連携した日立独自の制約プログラミング技術により、生産ラインの最適な要員計画を自動で立案します。
  • 過去の計画履歴データから、熟練者の計画パターンを分析し、作業者同士の相性や作業ローテーションといった複雑な制約条件を考慮。熟練者に依存せずに、質の高い要員計画を実現します。

成果

計画立案の自動化により、計画立案・修正に掛かる時間を短縮

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-01200

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。